このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

高倍率がスゴイ!! ニコンがコンデジ新機種を大量投入

2013年01月29日 17時18分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ニコンから、コンパクトデジタルカメラ「COOLPIX」シリーズ9モデルが発表された。いずれも2月発売予定となっている。

COOLPIX史上最高の光学42倍ズーム機
「COOLPIX P520」

「COOLPIX P520」

「COOLPIX P520」。レッド以外にブラックカラーのモデルを用意する

 「COOLPIX P520」(予想実売価格5万3000円前後)は、同シリーズ史上最高という光学42倍ズームを搭載するハイエンド高倍率ズームモデル。撮像素子には1808万画素の裏面照射型CMOSセンサーを採用し、背面には3.2型(92万画素)可変型液晶ディスプレーと電子ビューファインダーを搭載する。

液晶は可変式だ

液晶は可変式。EVFも装備する

 秒間7コマの高速連写が可能なほか、レンズシフト式の手ブレ補正機能を搭載。歩き撮りなどの際に効果的に手ブレを補正する「ACTIVE」モードも利用可能だ。

 GPSを内蔵するほか、別売のワイヤレスモバイルアダプター「WU-1a」を装着することで無線LANに対応する。

気軽に使える光学30倍ズーム機
「COOLPIX L820」

「COOLPIX L820」。こちらもレッド以外にブラックのモデルを用意する

「COOLPIX L820」。こちらもレッド以外にブラックのモデルを用意する

 「COOLPIX L820」(予想実売価格3万5000円前後)は光学30倍ズームレンズを搭載するミドルクラスの高倍率ズーム機で、撮像素子には1605万画素の裏面照射型CMOSセンサーを採用。背面には3型(92万画素)液晶ディスプレーを搭載する。

高倍率ズームに無線LAN&GPS
全部入りの「COOLPIX S9500」

「COOLPIX S9500」

「COOLPIX S9500」。写真の「マットブラック」以外に「ヴェルヴェットレッド」「プラウドシルバー」「セピアブラウン」のカラーラインナップを用意

 「COOLPIX S9500」(予想実売価格4万円前後)は光学22倍ズームレンズを搭載したハイエンドモデル。無線LANとGPSを内蔵し、スマートフォンからカメラのライブビューを確認し、撮影を行なったり画像の転送などができる。

 背面には3型(61.4万画素)の有機ELディスプレーを搭載。撮像素子は1811万画素の裏面照射型CMOSセンサーを採用する。

「COOLPIX S9400」。写真の本体カラーは「ヴェルヴェットレッド」。これ以外に「エレガントホワイト」「マットブラック」「プラウドシルバー」を用意する

 S9500の下位モデルにあたる「COOLPIX S9400」(予想実売価格3万3000円前後)は、光学18倍ズームレンズを搭載。無線LANやGPSは搭載しないが、背面ディスプレーにはS9500と同じ有機ELパネルを採用する。撮像素子は1811万画素の裏面照射型CMOSセンサーを採用する。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン