このページの本文へ

なんと国内発売 ASUS、スマホとタブレットの合体機発売

2013年01月10日 15時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSTeK Computerは、4.7型のスマートフォンとしても、10.1型のタブレットとしても使える合体型の端末「PadFone 2」を1月12日に発売する。価格は7万9800円。900MHz帯/2.1GHz帯のW-CDMAでの3G通信に対応し、SIMロックフリーでのリリースとなる。

なんとビックリ! あの合体型スマホがSIMフリー端末として国内リリース

 「PadFone 2」本体自体、4.5型HD液晶(IPS方式、720×1280ドット)のディスプレーのほか、CPUはクアッドコアのSnapdragon S4 Pro APQ8064 1.5GHz、64GBの内蔵ストレージを持つ、ハイスペックなスマートフォンである。

単体のスマホとしては4コアCPUを搭載するなど、ハイスペックでオーソドックスな端末だ

 しかし、「PadFone 2 Station」と名づけられた筐体と合体させることで、タブレット端末としても利用可能。CPUや通信機能などは、スマートフォン側に搭載されたものを利用し、スマートフォン上で動作させていたアプリなどを、そのままタブレットの大画面で利用可能。なお、バッテリーは双方に搭載されており、PadFone 2本体は2140mAh、PadFone 2 Stationは5000mAh。

背面にスマホをドッキングさせることでタブレットに変身
 
  PadFone 2
本体
PadFone 2
Station
ディスプレー 4.7型液晶 10.1型液晶
画面解像度 720×1280ドット 800×1280ドット
サイズ 約68.9×137×9mm 約180.8×263×10.4mm
重量 約135g 約514g
CPU Snapdragon S4 Pro APQ8064 1.5GHz
(クアッドコア)
 
メモリー容量 ROM:64GB/RAM:2GB  
OS Android 4.1.1  
3G通信 W-CDMA
(900MHz/2.1GHz)
 
無線LAN 2.4/5GHz対応  
カメラ画素数 リア:1300約万画素CMOS/イン:約120万画素 イン:約100万画素CMOS
バッテリー容量 2140mAh 5000mAh
連続待受時間 約336時間 約800時間
連続通話時間 約16時間 約36時間
カラバリ ブラック  

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン