このページの本文へ

ノーブランド「IRTS-21.5S」、「IRTS-23.6S」

通常の液晶にタッチ機能を追加できる「USBタッチパネル」が発売

2012年11月16日 22時17分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 通常の液晶ディスプレーにタッチ機能を追加できるという「USBタッチパネル」が登場。ドスパラ パーツ館で今日から販売が始まった。

通常の液晶ディスプレーにタッチ機能を追加できるという「USBタッチパネル」。今日から先行販売が始まった

 「USBタッチパネル」は、従来販売されているごく普通の液晶モニターに取り付けることで、タッチ機能に対応するというもの。ここで注目なのが、最新OSであるWindows 8のタッチ操作にも対応するという点だ。マルチタッチに非対応で2点までの操作に限定されるなど制約はあるが、簡単な操作なら十分可能という印象だった。
 取り付けは、液晶TVの保護パネルのような左右に用意された2本のベルトと両面テープで固定する仕組み。この際、画面に対してずれないように固定するのがコツかもしれない。というのも、画面端の感度がやや鈍いようで、反応しない場合もままあるため。このあたりは多少の慣れが必要かもしれない。なおPCとの接続はUSBとなる。

製品にはスタイラスペンも付属。マルチタッチに非対応で2点までの操作に限定されるなど制約はあるが、簡単な操作なら十分可能という印象。取り付けは2本のベルトと両面テープで固定する

 ラインナップは21.5インチサイズに対応する「IRTS-21.5S」と23.5インチサイズに対応する「IRTS-23.6S」の2モデル。価格は前者が6980円、後者が7980円となっている。当初は11月末の入荷予定としていたが、今回は少量が入荷。本格販売は予定通り11月末となるとのこと。
 やや急増感は否めないものの、手軽にタッチ機能対応液晶モニターが実現すると言う点は魅力。Windows 8を導入したユーザーにとっては気になる製品となりそうだ。

ラインナップは21.5インチサイズに対応する「IRTS-21.5S」と23.5インチサイズに対応する「IRTS-23.6S」の2モデル

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中