このページの本文へ

TEKWIND「AIOH61-01」

10点マルチタッチ対応のディスプレー一体型ベアボーンが販売開始

2013年01月24日 22時18分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10点マルチタッチ対応の23.6インチディスプレー一体型ベアボーン「AIOH61-01」がテックウインドから発売された。

テックウインドから発売となった10点マルチタッチ対応の23.6インチディスプレー一体型ベアボーン「AIOH61-01」

 この製品は、Windows 8のWindows ハードウェア認定プログラム(Windows Hardware Certification Program)を取得した、10点マルチタッチ対応の23.6インチディスプレー一体型ベアボーン。Windows 8のタッチ・ジェスチャー操作に対応し、語学教育支援やデジタルサイネージ(広告表示)のほか、図書館などの案内表示、医療端末などあらゆるシーンで活用できるとしている。

液晶ディスプレーは投影型静電容量方式のタッチパネル(16:9/1920×1080ドット/LEDパネル)を搭載。フォトフレーム型のスタンドを標準装備するほか、VESAマウント(100mmx100mm)に対応する

 液晶ディスプレーは投影型静電容量方式のタッチパネル(16:9/1920×1080ドット/LEDパネル)を搭載。対応CPUはLGA1155対応で、チップセットにはIntel H61 Expressを採用。DDR3 SO-DIMM×2や2.5/3.5インチシャドウベイ×1、USB 3.0×2、USB 2.0×4、カードリーダー、IEEE 802.11b/g/n無線LANなどを搭載。映像コネクターとしてはVGA/HDMI入力、HDMI出力を備えている。そのほかサイズは576(W)×410(D)×64.2(H)mmで、重量は9~11kg。フォトフレーム型のスタンドを標準装備するほか、VESAマウント(100mmx100mm)に対応する。
 販売しているのはTWOTOP秋葉原本店とPC DIY SHOP FreeTで、価格は5万9800円となっている。

対応CPUはLGA1155対応でTDP65Wまでをサポート。光学ドライブは標準で搭載済みだ

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中