このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

すべて見せます! 「iPhone 5」&「iOS 6」総力特集 第34回

徹底レビュー! 「iPhone 5」の実力を探る【カメラ編】

2012年10月16日 10時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ミラーにも使えるレベルの「FaceTime HDカメラ」

 画素数アップに加えて、発色もよくなったFaceTime HDカメラを見てみよう。男子よりも女子のほうが活用率は高いと思うのだが、よりきれいな写真が撮れるようになった。画素数で見れば、まだ低いといった印象なのだが、思った以上にいい仕上がりになる。

iPhone 5が縦長になったといっても、持ち方自体は今まで通りでOK。写真は、iPhone 5に初めて触れてまず試したのが自分撮りという相川夏海たん。見ていた限りでは、すぐに慣れていた

 FaceTime HDカメラもレンズはF2.4だ。最小焦点距離は約10cmのため、極端なアップはやや厳しい。写真の解像度は1280×960ドット。シャッター速度はやや遅めになりがちで、その分ISOは低くなることが多い。また、タップフォーカスとAEロックに対応しているため、暗めのところを長押しして全体を明るくするといい。“決め顔”のテクニックは健在だ。

背景や髪の毛1本までよく記録されているのが分かる。PCのブラウザーで見る場合は、サムネイル画像のままがちょうどiPhone 5で見ている解像感に近い(サムネイル画像をクリックすると960×1280ドットの画像を表示)

これくらいの接写からフォーカスが合わない(サムネイル画像をクリックすると960×1280ドットの画像を表示)

動画撮影はフルHDに! 録画中の撮影もOK!!

 iSightカメラでの動画撮影は、1080pになった点に加えて、手ぶれ補正も継承されたため、より扱いやすくなっている。動画処理にしてもApple A6のおかげでスムーズだ。フォーカスの追従もよくなり、iPhone 5に向かって接近する物体にもけっこうフォーカスを合わせてくれる。

 また、録画中の静止画撮影をサポートした点も注目ポイントだろう。リアルタイムに動画から切り出す仕様で、写真比率は16:9になる。そのため、やや写真は荒くなってしまうが、よく動く物体をしっかりと撮っておきたい場合はこちらのほうが安定する。手ぶれ補正が有効な点と、あとから動画内からキレイな部分を切り出す2段構えで挑めるからだ。

 そのほかの機能を見てみると、タップフォーカスのほか、AF/AEロックも搭載している。また、FaceTime HDカメラは720p対応で、こちらは名前の通りビデオチャット機能「FaceTime」が前提。フレームレートは、ともに29fpsだ。

iSightカメラの前を横切ってみたテスト。無駄に動いてみている。手先や足先は速く動いているが、大きくぶれているということはない。また撮影者の夏海たんは片手持ちだったが、手ぶれが特に発生していない点もチェック
iPhone 5に向かって接近する夏海たんを録画してみた。初期位置からしばらくはフォーカスが追いついているのだが、最接近時はフォーカスがズレている。そのため、自分に向かって接近するものを録画したい場合は、AE/AFロックで置きピンをするか、動体の速度が遅めならばタップフォーカス連打がいいだろう

書いた人――林佑樹

フリーランスの編集・ライター、ときどきフォトグラファー。
iPhone 5の一番のいいところは、画面アスペクト比が16:9になったことで、ギャルゲーの立ち絵との親和性が大きく向上したことだ。太ももまで入るのはとても重要。

主なスペック
製品名 iPhone 5
メーカー アップル
ディスプレー 4型Retinaディスプレイ、マルチタッチ対応
画面解像度 1136×640ドット、326ppi
サイズ 幅58.6×厚さ7.6×高さ123.8mm
重量 112g
CPU A6
ストレージ容量 16GB/32GB/64GB
OS iOS 6
携帯電話通信方式 CDMA EV-DO Rev. AおよびRev. B、 UMTS/HSPA+/DC-HSDPA、GSM/EDGE、LTE
ネットワーク機能 無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n、802.11nは2.4/5GHz対応)、Bluetooth 4.0
位置情報 Assisted GPSおよびGLONASS、デジタルコンパス、Wi-Fi、携帯電話通信
センサー 3軸ジャイロ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー
テザリング
カメラ機能 iSightカメラ:8メガピクセル、FaceTime HDカメラ:1.2メガピクセル(写真)/720p HDビデオ(最大30fps)、オートフォーカス/手ぶれ補正/顔検出/パノラマ/LEDフラッシュ
バッテリー インターネット利用:LTE最大8時間/3G最大8時間/Wi-Fi最大10時間、ビデオ再生:最大10時間、音声再生:最大40時間
通話時間/連続待ち受け時間 最大225時間
連続通話時間 最大8時間(3G)
カラバリ ブラック&スレート、ホワイト&シルバー
発売時期 発売中(2012年9月21日発売)


前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中