このページの本文へ

すべて見せます! 「iPhone 5」&「iOS 6」総力特集 第34回

徹底レビュー! 「iPhone 5」の実力を探る【カメラ編】

2012年10月16日 10時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iOS搭載の写真加工機能

 iOS搭載の写真加工機能は、トリミングと自動補正、赤目補正の3種類。機能としてはiOS 5から変化はないが、アルゴリズムについてはiPhone 5用にカスタマイズされているようだ。これも写真での例を見てもらったほうが分かりやすいだろう。

左が自動補正前の状態。差し込む光の関係で写真が全体的に白っぽい。右は自動補正を行ったもので、すっきりした写真になった

トリミングの仕様に変更ナシ。ピンチと回転でぐりぐりとトリミングできる。また縦横比の変更もOK

人物写真で逆光気味の写真。これも全体的に白っぽくなりやすい。左が補正前、右が補正後

サファイアクリスタルと“パープルフリンジ”の問題

 iPhone 4Sまで採用されていた赤外線カットフィルターは採用されていない。そのため、“パープルフリンジ”の問題が話題になっている。これはサファイアクリスタルが持つ青・紫の色が、光源の位置によっては出てしまうもので、蛍光灯の光源末端部やフレアが紫色になってしまう。頻繁に発生するものではないからか、Appleの回答としては「不具合ではないから、アングルを変えてね!」の模様。

 正常か不具合かは個人の判断にゆだねるが、サファイアクリスタルの特性なので、筆者としては「そういうもの」という認識だ。iPhone 4(および新iPad)の青カビ問題よりははるかにマシだと思っている。

パープルフリンジ”の例。左が発生している。そして右はちょっとアングルを変更してみたもの。出現角度はそんなに広くないため、極端なアングル変更をする事態には遭遇しないだろう(サムネイル画像をクリックすると3264×2448ドットの画像を表示)


カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中