このページの本文へ

すべて見せます! 「iPhone 5」&「iOS 6」総力特集 第34回

徹底レビュー! 「iPhone 5」の実力を探る【カメラ編】

2012年10月16日 10時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

意外と便利、遊べるパノラマ機能

 パノラマ撮影が可能なサードパーティー製アプリはいくつも登場していたが、iOS 6では標準で搭載された。水平・垂直方向に約180度のパノラマ写真が撮影できるもので、画面の表示に従ってややゆっくり動かす(横方向または縦方向)だけで、あとはiOS側で自然につなぎ合わせてくれる。

 画面に表示される矢印はカメラの進行方向と位置を示しており、それを見ながら矢印がサムネイル画像の真ん中になるにように移動させるというのが基本的な使い方になる。これは、1度使ってみるとどういったものかはすぐに分かるハズ。いつものiOSデザインだ。

パノラマ撮影をオンした直後の状態。矢印がサムネイル画像のセンターラインを射貫き続けるように横方向に振っていく(パン)。多少は上下しても問題ない

横方向に振ってみたもの(パン)。約180度のパノラマになる(サムネイル画像をクリックすると、1万800×1136ドットの画像を表示)

垂直方向に振るチルトもOK(サムネイル画像をクリックすると、1136×1万800ドットの画像を表示)


カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中