このページの本文へ

無許可での写真の閲覧、共有、ダウンロード、印刷を防止

Facebook上の写真を保護する新アプリ登場

2012年08月31日 15時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マカフィーは28日、Facebook上における無許可での写真の閲覧、共有、ダウンロード、印刷を防止するFacebook用の新アプリケーション「McAfee Social Protection(マカフィー ソーシャル プロテクション)」の無償ベータ版(英語版)を一般公開した。

McAfee Social Protection

 McAfee Social Protectionは、Facebookアプリ、およびInternet Explorer 8以上またはFirefox 8以上を搭載したPC向けのブラウザプラグイン。

 McAfee Social Protectionのユーザーは、まず自分の写真にアクセスできる友人を選択する。アクセスを許可された友人はMcAfee Social Protectionアプリをインストールすることで、写真を表示させることができる。その友人も写真の共有、保存、コピー、スクリーンショットの取得はできず、スクリーンキャプチャーツールには余白しか記録されない。また、保存とダウンロードの機能を無効にし、他者が写真の上にマウスポインターを合わせると、錠前のアイコンが表示される。

 これらの機能は、McAfee Social Protection経由でアップロードした場合に限って有効になる。アップロードされたファイルはFacebookのサーバーではなく、マカフィーのサーバーに転送され、アクセス許可のない者は写真の閲覧はできないとしている。

カテゴリートップへ

5分で解説! あなたとスマホは狙われている

悩める一児の親が子どもと一緒にスマホ管理に挑戦! 「セーフ ファミリー」体験記

マカフィーバナー せきゅラボ研究結果

マカフィー リブセーフって何ができるの?


マカフィーバナー スマホとPCをサイバー攻撃から守る術

マカフィーバナー セキュリティ被害はあなたの半径1m以内でも起きる