このページの本文へ

クラウド型リモートサポートソフトの新バージョンが9月3日に発売

インターコム「LAPLINK ヘルプデスク」がマルチセッション対応

2012年08月29日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 8月27日、インターコムはクラウド型リモートサポートソフト「LAPLINK ヘルプデスク」の新バージョンを9月3日に発売すると発表した。

マルチセッションに対応する「LAPLINK ヘルプデスク」の新バージョンが9月3日に登場する

 今回のバージョンアップでは、特に企業のユーザーサポートやシステムメンテナンスに便利な機能を追加。新機能の1つ「マルチセッション」は、サポートやメンテナンス中にPCの接続を維持しながら、同時に他のPCへ接続を開始できる機能だ。企業内PCのメンテナンスでは、サーバーとクライアントなど複数台のPCで同時にトラブルが発生することがある。この「マルチセッション」機能により、1人のオペレータがPCを3台まで同時に接続でき、PCを瞬時に切り替えて遠隔操作できるため、サポート時間の効率化が可能という。

 また、クライアントソフトは管理者権限のないユーザーでインストールできるようになった。企業内のPCで多く存在している、ソフトのインストール権限がないPCのトラブルや問い合わせ時にも、管理者への申請許可などの時間を要することなく、すぐにサポートを開始できる。

 LAPLINK ヘルプデスクの価格は、1~9ライセンス時で1ライセンス20万円/年、もしくは1万8000円/月など。

LAPLINK ヘルプデスクの価格

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ