このページの本文へ

DSの下半分みたいな5型Android端末で遊ぼう!

2012年08月03日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 携帯ゲーム機のような豊富なボタンを備える、ゲームに特化したAndroid端末「S5100 豪華版」が東映無線ラジオデパート店で販売中。価格は1万円でお釣りがくる9980円で、メーカーはこの手の端末を得意とする中国のJXD。

ゲーム機型Android端末の新モデル「S5100 豪華版」が発売。メーカーはこの手の端末でお馴染み、中国のJXDだ

 携帯ゲーム機さながらのスタイルが特徴のゲーム特化型Android端末に新モデルが登場した。5型サイズの液晶ディスプレー(800×480ドット)を採用し、大きさは「ニンテンドーDSi LL」の下半分をやや大きくしたような印象。“DSライク”な十字キーや丸みを帯びたボタンのほか、アナログスティックを搭載している。

携帯ゲーム機そのものな豊富なボタン群を搭載。アナログスティックや一部のキーは通常の操作にも使用できる

 方向キーやアナログスティック、「START」ボタンなどはOS操作やブラウザー操作に使用できるため、通常のタブレットとは一風変わったスタイルで使用できる。ただし「A」「B」「X」「Y」などのゲームボタンは通常操作では反応せず、フルに活用するにはエミュレーターアプリなどが必要になりそう。ただしショップ側では「エミュレータ機能は保証対象外」としているため、ユーザー側で問題のない活用方法を探さなければならないことは覚えておこう。

フラットな背面には2つのスピーカーを搭載。ほとんどのボタンが上面に集中しているため、側面には音量調節ボタンと各種インターフェイスのみを備える

 主なスペックは、CPUにCortex-A9ベースの「AML8726-M3 1GHz」、DDR3 512MBのメモリー、4GBのストレージを実装する。外部ストレージは最大32GBのmicroSDHCに対応、フロント30万画素、背面200万画素のカメラを備える。液晶ディスプレーは5点マルチタッチ対応の静電容量式タッチパネルで、搭載OSはAndroid2.3。

 本体サイズは幅187.0×奥行き92.5×高さ15.0mmで、重量は230g。IEEE 802.11b/g/nの無線LANに対応する。バッテリー容量は5型モデルでは大容量の3400mAhを搭載し、ショップによれば「6、7時間ほどのゲームプレイが可能」とのこと。長時間安心してゲームに没頭できるのは嬉しいところだ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン