このページの本文へ

Corsairが電源や新型コントローラー採用SSDなど新製品を発表

2012年07月18日 21時12分更新

文● ASCII.jp編集部 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 18日、Corsairが報道関係者向けの新製品発表会を開催。近日発売予定のDDR3メモリーや、デジタル制御のATX電源ユニット、新型コントローラー採用のSSDなどを公開した。

正規代理店のリンクスインターナショナル内で行なわれたCorsair新製品発表会

ハイパフォーマンスメモリー
「Dominator Platinum」シリーズ

 DDR3メモリーの最上位となる「Dominator Platinum」シリーズ。自社工場で選別した最高水準の集積回路のみを使用し、従来の「Dominator」シリーズに搭載されていた冷却機構「DHXクーロングテクノロジー」も踏襲している。新たに、メモリーの温度や動作状況を監視できるCorsair Link(後述)に対応するほか、LEDライトを搭載するのが特徴だ。速度は2666/2400/2133/1866/1600MHzの5タイプをラインナップし、近い将来3000MHzのモデルもリリースするという。

DDR3メモリーの最上位となる「Dominator Platinum」シリーズ。今週末より順次発売予定だ

内蔵のLEDライトで発光するライティングパイプ(写真中央)は、別売のキットで発光色を変更できる

内部構造は写真の通り

内蔵の白色LEDで上部が発光する

デジタルATX電源ユニット
「AX1200i」

 80PLUS Platinum認証を取得した容量1200Wの電源ユニットで、低負荷時にはファンを完全に停止した状態で稼働する。最大の特徴はフルデジタルコントロール機能だ。これは電源の温度を監視し、ファンの回転数や過電流保護の設定をリアルタイムで調整できる機能のこと。電源に付属するドングルと無償ダウンロードできるソフトウェア「Corsair Link Dashboard」で、これらを利用できる。さらに高度なステータス管理ができるCosair Link(後述)との連動も可能だ。

80PLUS Platinum認証を取得した容量1200Wの電源ユニット「AX1200i」。フルモジュラーケーブル採用なので、すべてのケーブルを着脱可能だ。9~10月発売予定で価格は未定

添付のドングル。これを装着することでファンの回転数や過電流保護の設定をリアルタイムで調整できる

主な機能紹介。特筆すべきは、電源自体の故障箇所を診断するセルフテストボタン。接続したパーツの不都合なのか電源側の不都合なのかを判別できる便利な機能だ

冷却管理ソリューションユニット
「Corsair link」

 PCの温度、ファン回転数などを統合管理するユニットで、ソフトウェア上で対応製品の温度監視とファンコントロールなどが行なえる。現在Corsair Linkに対応する製品は、メモリーの「Dominator Platinum」シリーズ、電源ユニットの「AX1200i」、そして既存の水冷クーラー「H80」と「H100」。
 なお、ベルト状のLEDライトが付属する上位モデルでは、ソフトウェアで状態をモニターするだけでなく、画面を見ずともLEDライトの色で負荷率や温度を確認することもできる。

米国ではすでに発売されている「Corsair Link」(販売価格は約100ドル、LEDライトが付属する上位モデルは150ドル)。国内でも販売予定はあるものの発売日は未定。なお、写真のコントロールユニットは3.5インチベイに収まる

青→赤に変化するベルト状のLEDライトの発光色で、パーツの負荷率や温度を視認できる

LAMD製の新コントローラー搭載SSD
「Neutron」シリーズ

 今までコンシューマー向けにはなかった新型コントローラーを採用する、Corsair製SSDのフラッグシップモデル。そのコントローラーには、エンタープライズ向けに供給を行なっているLink A Media Devices製(以下:LAMD)の「LM87800」を搭載している。

LAMD製のコントローラー「LM87800」搭載の新型SSD「Neutron」シリーズ

 特に上位モデル「Neutron GTX」シリーズはシーケンシャル読み込み555MB/sec、書き込み500MB/sec、ランダム読み込み/書き込み9万IOPSを実現。薄型7mm厚デザインで、Ultrabookなど幅広いノートPCにも搭載可能だ。
 参考出展のため具体的な発売日は未定としながらも、最上位の480GBモデルを除く2モデル(120GB/240GB)が8月頃リリースの予定で、価格は現行モデルの「Force GT」シリーズとほぼ同等になるという。

CorsairとLAMDが戦略パートナーとして新チップを開発。エンタープライズ向けの堅牢性を持ちつつ、コンシューマー向けに速度を追求したという

シーケンシャルが速いSandForceと、ランダムリードが速いMarvellのいいとこ取りをしたというLAMD製コントローラーのスペック

「Neutron」シリーズのスペック

上位モデル「Neutron GTX」のスペック

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中