このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2012レポート特集 第13回

Corsair、注目は新型コントローラー採用SSDやDDR3-3000対応メモリー

2012年06月07日 12時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 メモリモジュールやSSD、最近では水冷クーラーのメーカーとしても著名なCorsair。COMPUTEX TAIPEI 2012ではGrand Hyatt Taipei個室でのプライベートショーとなっていたが、内容は非常に濃くボリューム満点だった。

Grand Hyatt Taipei個室でのプライベートショーを開催中のCORSAIR。内容は盛りだくさんで帰る頃にはお腹いっぱい

新登場のコントローラーを採用するSSD

LAMD製の新型コントローラー「LM87800」を搭載している2.5インチSSD「Neutron GTX」シリーズ

 取り急ぎ新型SSDとメモリモジュールの新製品を紹介しておこう。まずはSSD。COMPUTEX TAIPEI開幕に合わせるように発表された「Neutron GTX」シリーズと「Neutron」シリーズのデモが行われていた。特徴は今までコンシューマ向けにはなかったまったくの新型コントローラーを採用する点。エンタープライズ向けに供給を行っていたというLink_A_Media Devices製(以下:LAMD)「LM87800」を搭載している。

実際に動作でもも行われており、ほぼ公称値に近いスコアを記録。これは期待できそうだ

 特に上位モデル「Neutron GTX」シリーズはシーケンシャル読込555MB/sec、書込500MB/sec、ランダム読込/書込90000IOPSを実現。薄型7mm厚デザインで、Ultrabookなど幅広いノートPCにも搭載可能だ。発売は最上位の480GBモデルを除く2モデル(120GB/240GB)が7月頃とのこと。価格は「現在の相場とそれほどかけ離れたものにははならないが、メモリとSSDにはMSRPが存在しない(笑)」(日本カントリーマネージャー園部氏)ということで不明。いずれにせよ、非常に気になるSSDの新モデルというのは間違いない。

DDR3-3000動作のメモリーモジュール

同社取り扱いのメモリモジュールでも最上位に位置する「Dominator Platinum」

 同社取り扱いのメモリモジュールでも最上位に位置するDOMINATORシリーズ。その新モデル「Dominator Platinum」の展示とデモが行なわれていた。注目したいのはDDR3-3000で動作している個体があった点。「発売については年内を目途に開発を進めている」とのことだが、オーバークロッカーにとっては注目のモデルだ。
 なお、現行でも最速となるDDR3-2666(PC3-21300)対応モデルもラインナップされており、こちらは近日、日本でも発売が開始される予定だ。

ASUSTeK製のマザーボード「Maximus V Gene」を使ってDDR3-3000動作を実現していた

【関連サイト】

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中