このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

13型級最軽量の875g! NECのUltrabook「LaVie Z」が発表

2012年07月03日 11時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

LaVie Z

 NECパーソナルコンピュータは3日、軽さを追求したUltrabook「LaVie Z」シリーズ2機種を発表した。13型級のディスプレーを搭載したノートパソコンとしては、最軽量となる約875gの軽さを実現している。

お詫びと訂正:掲載当初、質量を誤って899gと記載しておりました。ここに訂正するとともに、お詫びいたします。(2012年7月3日)

 LaVie Zシリーズは、13型以下のノートには軽さを最重視するというユーザーニーズを踏まえて開発されたUltrabookである。強度と軽さに優れた「マグネシウム・リチウム合金」をボディー底面に使用したほか、それ以外の部分にはマグネシウム合金を使用し、軽量化を実現している。

マグネシウム・リチウム合金を使用した底面。実はアルミ合金より1mm程度厚いが、重さは6割程度で済むという

天板は一般的なマグネシウム合金を使用。マグネシウム・リチウム合金では複雑な形状に対応できないためとのこと

 厚みも非常に薄く、フラットな形状のボディーサイズは、幅313×奥行き209×高さ14.9mmとなっている(突起部除く)。薄型化の実現には、筐体部分と液晶パネルやキーボードを一体化するなど、新しい技術も駆使されている。

フラットな形状のボディーは、ゴム足部分でも1円玉(直径約20mm)より薄い

本体前面。銀色の1枚板のようなボディーに、黒いパネルがアクセントとなっている。前面にはボタンやスロット類はなく、インターフェースは両側面に配置されている

「筐体一体型キーボード」と称するLaVie Zのキーボードは、パームレストの板をキーとその下のフレームで挟み込んだ構造にすることで、薄型化を実現しつつ1.2mmのストロークを確保している

 これらの工夫により、バッテリー駆動時間は最大約8.1時間(JEITA測定法1.0による)を確保しながら、質量約875gの軽量ボディーを実現した。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画