このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

極薄軽量派? それとも大画面フルスペック派?

デザインの共通性保ちつつ用途に応じて広がるXPSの選択肢

2012年07月02日 11時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

XPSシリーズの新ラインアップ。新製品は「XPS 15」(中央)と「XPS 14」(左)だが、すでに販売中の「XPS 13」(右)と合わせて異なる画面サイズ・仕様の3モデルが揃った

 スタイリッシュな外観とプレミアムな性能の調和により、デルを象徴するブランドになっている“XPS”。その世界が2012年6月大きく広がる。

XPS 13。天板にはアルミ合金、底面にはカーボンファイバーを搭載し、驚くべき薄さを実現した

 今年1月のCESで発表され、金属外装+カーボンの薄型かつ高質感の筺体で、ウルトラブック界の話題を独占した「XPS 13」。その魅力を踏襲しながら、14型と15.6型に大型化した姉妹機「XPS 14」「XPS 15」が登場。薄型ノート=XPSというイメージをより強固にしたからだ。

 XPS 13は18mmと薄く、13.3型液晶パネルを搭載しつつ、11型ノート並みの小さなフットプリントに収めた点で注目を集めたが、今回の2機種もゴリラガラス+Edge-to-Edgeの狭額縁で、大画面でも省スペースという特徴はそのまま。剛性感が高く、シンプルなアルミ合金製ボディーを見れば、一目でそのコンセプトを継承していると感じられる。

新たに追加されたXPS 14とXPS 15。筺体はアルミ合金を使用し、高質感・高剛性。フラットな形状で角の部分に若干の丸みを持たせたデザインにも統一感がある

 一方で最新CPUの搭載や長時間のバッテリー駆動、インターフェース類の拡充などスペック面も大幅に強化。大容量のHDDに加え、mSATAのSSDをキャッシュとして追加も可能で、インテルのSmart Responce Technology(SRT)により、起動の高速さ、サスペンドからの復帰の速さといったウルトラブックの特徴も存分に堪能できる。

 軽量で常時持ち運べるウルトラブックとしてXPS 13の価値は変わらないが、もう少し画面を広く、あるいはドライブを内蔵してほしいといった細かなニーズをくみ取ってほしいと考えていた層も少なからずいるはず。一気に3モデルに広がった新生XPSは、仕事のツールとして、あるいはエンターテインメントの起点としてノートを存分に活用したいと考える、こだわりユーザーの期待にキッチリ応えてくれるはずだ!

XPSシリーズ(スタンダードモデル)の主な仕様
製品名 XPS 13 XPS 14 XPS 15
CPU 第2世代
Core i5-2467M
(TB時最大2.30GHz)
第3世代
Core i5-3317U
(TB時最大2.60GHz)
第3世代
Core i5-3210M
(TB時最大3.10GHz)
メモリー 標準4GB
ストレージ SSD 128GB HDD 500GB
+SSD 32GB
HDD 750GB
+SSD 32GB
ディスプレー 13.3型 14型 15.6型
解像度 1366×768ドット 1600×900ドット 1920×1080ドット
GPU CPU内蔵
(Intel HD 3000)
CPU内蔵
(Intel HD 4000)
NVIDIA GeForece GT 630M
光学ドライブ ── ──
サイズ 幅316×奥行き205
×高さ18mm(最薄部6mm)
幅335.8×奥行き233
×高さ20.7mm
幅371×奥行き249
×高さ23.2mm
重量 約1.36kg 約2.1kg 約2.6kg
価格 8万9980円から 9万9980円から 12万9980円から

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン