このページの本文へ

「UNIVERGE IP8800/S3830-44X4QW」登場

NEC、1Uに40GbE×4と10GbE×44搭載のUNIVERGE

2012年05月31日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 5月30日、NECはマルチレイヤスイッチ「UNIVERGE(ユニバージュ)IP8800/S3800シリーズ」の新製品「UNIVERGE IP8800/S3830-44X4QW」を発表した。

1U筐体の高速インターフェイスを多数搭載する「UNIVERGE IP8800/S3830-44X4QW」

 UNIVERGE IP8800/S3830-44X4QWは、1U筐体に40GbEインターフェイスを4ポートと、10GbEインターフェイスを44ポート搭載。40GbEインターフェイスは、40GBASE-SR4のQSFP+モジュールに加えて、ラック間等などの短距離の接続を低価格に実現するという。両端にQSFP+モジュールを搭載した「ダイレクトアタッチケーブル(40GBASE-CR4)」をサポートする。

 これらにより、42Uのラックに搭載した1Uサーバーのすべてを10GbEで収容しつつ、トラフィック増加で大容量化するラック間の通信を40GbEで行なう構成を本製品1台で対応できる。効率的でシンプルなシステム構築が可能になるとしている。

 ホットスワップ可能な電源とファンモジュールは、「前面吸気・背面排気用」と「背面吸気・前面排気用」の2種類を用意。ラックに同時搭載するサーバーの吸排気方向や、データセンターの空調設計に柔軟に対応し、効率的な冷却を実現する。

 そのほか、従来製品に引き続き、指定した日時に装置の電力供給を抑止する「装置スリープ機能」、未使用のポートを省電力モードに切り替える「ダイナミック省電力機能」を搭載する。これにより、通常モードでの使用時に比べて消費電力を50%以上削減できるという。

 UNIVERGE IP8800/S3830-44X4QWの価格は、450万円から。出荷開始時期は2012年8月の予定だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ