このページの本文へ

4台までのスタック接続に対応

NEC、最大192ポート対応の「UNIVERGE QX-S5200」

2010年08月24日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 8月23日、NECは、ギガビットEthernetに対応するスタッカブルレイヤ2スイッチ「UNIVERGE QX-S5200シリーズ」を発表した。

「UNIVERGE QX-S5250P」(48ポート搭載)

「UNIVERGE QX-S5226P」(24ポート搭載)

 今回登場したのは1Gbpsに対応した48ポート搭載の「UNIVERGE QX-S5250P」(以下、QX-S5250P)と24ポート搭載の「UNIVERGE QX-S5226P」(以下、QX-S5226P)の2機種。両製品ともに複数台のスイッチを1台のスイッチのように運用できる「スタック接続」に対応。両者とも最大4台まで接続可能。これにより、QX-S5250Pは192ポート、QX-S5226Pが96ポートまで増設が可能となっている。

 また、独自のリングプロトコル機能を搭載し、障害発生時の経路切り替えに要する時間が従来のレイヤ2スイッチ「UNIVERGE QX-S5100シリーズ」の約30秒から約0.2秒へと短縮したという。さらにトラフィック情報を収集するsFlowにも対応する。

 本体サイズはQX-S5250Pが幅440×奥行き300×高さ43.6mm、重量は約5kgで65万9400円、QX-S5226Pは幅440×奥行き300×高さ43.6mm、重量が約4.5kgで37万5900円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

アクセスランキング

集計期間:2021年05月09日~2021年05月15日

ピックアップ