このページの本文へ

ネット機能を大幅強化! ソニー「BRAVIA」13機種が発表に

2012年03月23日 11時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 ソニーから、液晶テレビ「BRAVIA」の新製品13機種が発表された。最上位の「HX」が2シリーズ7機種、ミドルクラスの「EX」が2シリーズ3機種に加え、Blu-ray Discドライブ内蔵の「HX65R」も3機種登場する。

 5月25日発売予定の「HX850」は、従来の最上位機種である「HX920」とその1つ下のモデルである「HX820」を合体させたようなモデル。画像処理エンジンに「X-Reality PRO」を採用し、4倍速駆動の液晶パネルに対してバックライト制御で16倍相当の表現を可能にする「モーションフローXR960」を適用できる。

「KDL-46HX850」 「KDL-46HX850」

 新機種ではX-Reality PROが進化。3D映像に対して超解像処理を行なう「3D超解像」や、同社のデジカメ「サイバーショット」の顔認識エンジンを応用して顔を認識し、人の肌がきれいに見えるように超解像処理を調整する「美肌コントロール」機能を搭載した。

これまでの超解像用画像データベースに3Dデータベースを追加することで、3D映像に対しても超解像処理が行なえるようになった 顔を認識して超解像処理を調整する「美肌コントロール」機能
これまでの超解像用画像データベースに3Dデータベースを追加することで、3D映像に対しても超解像処理が行なえるようになった顔を認識して超解像処理を調整する「美肌コントロール」機能

 なお、HX920は直下型LEDバックライトを採用していたが、HX850はエッジ型LEDバックライトを採用する。

 従来、BRAVIAの上位機種は「モノリシックデザイン」(一枚板のようなデザイン)を採用する機種が多く、それにマッチするバータイプのスタンドを用意していた。

モノリシックデザインを踏襲するバースタンド

 HX850はこのモノリシックデザインを採用するが、今回新タイプのバースタンドが用意される。スタンドにはスピーカーが内蔵されるが、その給電はテレビから行なわれるため、ACアダプターなどは不要。デザインもよりスリムな印象になった。

「KDL-55HX750」 「KDL-55HX750」

 5月25日(55V型のみ4月20日)発売予定の「HX750」は、HX850の1つ下のクラスのモデル。画像処理エンジンに「X-Reality」を採用し、4倍速駆動の液晶パネルで8倍速相当の映像を表示する「モーションフローXR480」が利用できる。

インパルスモード
4コマのうち3コマ分の時間、バックライトをオフにする「インパルスモード」

 HX850/750ともに、新しいパネル駆動方式として「インパルスモード」が導入された。これは映像をなめらかに表示する「スムーズモード」と対極に位置する駆動方式で、4倍速駆動(4コマ)に対して、うち3コマでバックライトをオフにすることで、映像をくっきりと表示させるもの。スポーツなどの速い映像に対してこのモードを適用するとブレない映像になる。

「KDL-32EX550」
「KDL-32EX550」EX550/540のフレームデザイン
「KDL-26EX540」の540シリーズはブラックとホワイトの2色展開

 4月20日発売予定の「EX550」と「EX450」は、画面サイズとスタンドのデザインが異なる以外、基本機能は同等となる。画像処理エンジンにはX-Realityを採用し、液晶パネルは等倍駆動(60Hz)だ。

「Sony Entertainment Network」のトップ画面
「Sony Entertainment Network」のトップ画面

 HX850/750は無線LANを内蔵、EX550/450は別売のアダプターで無線LANに対応する。そして、いずれも同社の新しいテレビ向けネットサービス「Sony Entertainment Network」(SEN)が利用可能だ。

テレビ番組を配信する「テレビ ドガッチ」 TBSで放送された「世界遺産」から厳選された50本を視聴できる
テレビ番組を配信する「テレビ ドガッチ」(6月以降提供開始)TBSで放送された「世界遺産」から厳選された50本を視聴できる(3月28日提供開始)
「日本経済新聞 電子版」の映像ニュースも視聴できる ご当地グルメのおとり寄せや宿の予約、ファッションアイテムの購入などが行なえる「ブラビア ネットショッピングモール」
「日本経済新聞 電子版」の映像ニュースも視聴できる(3月28日サービス開始)ご当地グルメのおとり寄せや宿の予約、ファッションアイテムの購入などが行なえる「ブラビア ネットショッピングモール」(3月28日サービス開始)

 SENは、従来の「ブラビアネットチャンネル」「アプリキャスト」「Skype」といったネット関連機能を1つにまとめたもの。新たに「テレビ ドガッチ」や「世界遺産」といった映像コンテンツの拡充に加え、イオン、ニッセン、近畿日本ツーリストなどが参加するネットショッピング、健康管理(ダイエット)ができる「あすけん」、テレビでカラオケが楽しめる「JOYSOUND.TV」といったサービスを用意する。

「KDL-40HX65R」

 4月20日発売予定のHX65Rは、同社の最新BDレコ「BDZ-AT950W」と同等の機能を内蔵した液晶テレビ。ただし、AT950Wの内蔵HDDは1TBだが、本機の内蔵HDDは500GBとなる。

 別売のアダプターで無線LANに対応し、現在放送中の番組配信など3月28日から実施予定のBDZシリーズの機能強化(アップデート)と同等の機能を搭載する。

 なお、SENについては映像・音楽コンテンツのみに対応する。

 全機種とも外付けHDDへの番組録画が可能。HX850/750/65RについてはWチューナー構成で裏番組の録画が可能だ。

 発売日と予想実売価格は以下の通り。

機種名 画面サイズ 発売日 予想実売価格
KDL-55HX850 55V型(フルHD) 5月25日 30万円前後
KDL-46HX850 46V型(フルHD) 5月25日 23万円前後
KDL-40HX850 40V型(フルHD) 5月25日 16万円前後
KDL-55HX750 55V型(フルHD) 4月20日 27万円前後
KDL-46HX750 46V型(フルHD) 5月25日 20万円前後
KDL-40HX750 40V型(フルHD) 5月25日 13万円前後
KDL-32HX750 32V型(フルHD) 5月25日 10万円前後
KDL-32EX550 32V型(WXGA) 4月20日 7万円前後
KDL-26EX540 26V型(WXGA) 4月20日 6万5000円前後
KDL-22EX540 22V型(WXGA) 4月20日 5万円前後
KDL-46HX65R 46V型(フルHD) 4月20日 23万円前後
KDL-40HX65R 40V型(フルHD) 4月20日 16万円前後
KDL-32HX65R 32V型(フルHD) 4月20日 14万円前後

新型の3Dメガネも登場。チタンフレームを採用し、重量が34gと軽量なのが特徴だ。 新型の3Dメガネ「TDG-BR750」も登場(5月25日発売予定、予想実売価格8000円前後)。チタンフレームを採用し、重量が34gと軽量なのが特徴だ。
壁寄せスタンドの「SU-FL75」(4月20日発売予定、予想実売価格3万円前後)

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン