このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第181回

iPhoneを置くだけで音楽再生できる「タッチ&プレイスピーカー」

2012年03月02日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ただiPhoneを置くだけで音楽再生できる外部スピーカー「タッチ&プレイスピーカー」

 「テクノロジーの進化」は、不可能を可能にしてくれることも多い。しかし、実は、その影では、人がけっこう苦労したり、悩んだりしていることも多い。ICT業界で生息期間の長い筆者ではあるが、根本的に「できるか? できないか?」という観点では、昨今流行りのWi-FiやBluetoothも技術としては信用しているが、「便利か?」という観点では大いに疑問を持っている。
 まあ「組み合わせによっては、運良くできるかも……」程度の感覚で居たほうが、遥かにストレスは少ない。

 一方、スマホの世界は既に“テクノロジーギーク”の時代を脱し、ごく普通のお兄ちゃん、お姉ちゃん、おばちゃん、おっちゃんの世界になり、これからは、彼ら全員が高齢化社会に向かってゆく。そんな時代に一番必要なのは、「目的が明確」なこと、「誰でもできる」こと。そして「設定不要」なこと。最後に、「結果がすぐでること」だ。

   「smart ways」というブランド名で発売されているiPhone対象の「タッチ&プレイスピーカー」は、正にその4つをパーフェクトにクリアしている“iPhone専用のウルトラ簡単外部スピーカー”だ。商品はiPhoneカラーに合わせてホワイトとブラックの2色。本体はマットなハードシリコン素材的な手触りで、持ちやすく滑らず、周囲のモノを傷つけにくいソフトな商品だ。

iPhoneとお揃いのブラック&ホワイトの2色モデル各々の本体カラーに応じたケーブルが付属する

 ホワイトもブラックも、紙パッケージも別々、各々同色のUSBケーブルやオーディオケーブルが付属しており、昨今では珍しいメーカーの良心を感じるところだ。単三アルカリ電池3本で10時間駆動する。本体には2つのスピーカーが内蔵されているがステレオ再生ではない。デスク上に置いて、無指向性のスピーカーの様にBGM的に聴くのが理想的なスピーカーだ。

単3アルカリ電池3本で駆動するスピーカーは片側面ずつ1個。両側面で2個あるがステレオ再生ではない

  スピーカーのほかに本体には、電源ボタンと、3.5mmステレオ・ミニジャック(入力)とマイクロUSB形状のDC5V入力ポート(乾電池を使用しない場合)が配置されている。

電源ボタンと、オンオフを表示する青のLEDランプ(上)がある反対側には、右側に3.5mmステレオ・ミニジャック(入力)とmicroUSB形状のDC5V入力ポート(乾電池を使用しない場合)がある

「戦略的衝動買い」とは?

 そもそも「衝動買い」という行動に「戦略」があるとは思えないが、多くの場合、人は衝動買いの理由を後付けで探す必要性に迫られることも多い。

 それは時に同居人に対する論理的な言い訳探しだったり、自分自身に対する説得工作であることもある。このコラムでは、筆者が思わず買ってしまったピンからキリまでの商品を読者の方々にご紹介し、読者の早まった行動を抑制したり、時には火に油を注ぐ結果になれば幸いである(連載目次はこちら)。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン