このページの本文へ

世界最薄5.6mmのBluetoothキーボード「E6300」が発売に

2012年02月10日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 最薄部わずか5.6mmという世界最薄をうたうBluetoothキーボード「Rapoo E6300」がユニークから登場。10日から販売となる。

本体、パッケージともに無駄の一切ない「Rapoo E6300」。「iFデザイン賞」も受賞したスタイリッシュなデザインが魅力だ

 Rapoo E6300はギリギリまで切り詰められたデザインと、世界最薄というスリムなフレームが特徴のBluetooth 3.0キーボード。その美しさは権威ある「iFデザイン賞」を受賞したことで世界的にも認められている。

最薄部5.6mmの超薄型ボディー。側面からは内部構造が覗けるほどで、持ち運びの際はケースなどに入れて保護した方がいいだろう

 キースイッチは指への負担と入力ミスの少ないパンタグラフ式で、キー配列はMac英語配列(80キー)を採用。そのほか、iPhoneやiPadなどのiOS環境で重宝する各種ホットキーを搭載している。コンパクトながら主要なキーのキーピッチは大きく、通常のキーボードに近い間隔で余裕をもって入力できそうだ。キーストロークも2mmと深めで、入力時の打鍵感をしっかりと味わえる。

 さらにBluetooth 3.0を採用することによる省電力性もウリのひとつで、メーカーによると2時間の充電で約1ヵ月ほどは使用できるとのこと。コンパクトで燃費もよく、スマートフォンやタブレットのお供には最適のキーボードといえるかもしれない。

iPhoneなどで重宝するホットキーを搭載。裏面も綺麗なステンレス製で、安っぽさはどこにもない
マカーにはこちらの方がオススメか。ショップによってはホワイトモデルも扱っている

 本体サイズは幅206.3×奥行き82.1×高さ14mm(最薄部5.6mm)で、重量は155g。対応機器はiPhoneやiPad、HIDプロファイルに対応したBluetooth搭載PCやスマートフォン、タブレットなど。本体のほか、充電用のmicroUSBケーブルと日本語マニュアルが付属する。

 価格はパソコンハウス東映で5550円(ブラックのみ)、フェイス秋葉原本店とTWOTOP秋葉原本店で5980円となっている。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン