このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

開発者の情熱! スマホ&アプリ、サービスの生みの親に直撃! ― 第6回

Windows Phoneがこの先日本で生き延びる道とは?

2012年01月11日 12時00分更新

文● 二瓶 朗

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Microsoftが混沌のスマートフォン市場に投入した新スマホOS「Windows Phone」。Windows Mobile時代から、長くスマートフォンを投入し続けてきた同社が送り出した新OSには、期待の声が高い。

 コンシューマーユースはもちろんだが、ビジネスシーンでの使い勝手に長けているというWindows Phoneについて、また今後の製品展開について、日本マイクロソフト コミュニケーションズパートナー統括本部 エグゼクティブプロダクトマネージャー 中島憲彦氏にお話をうかがった。

クラウド連携を強める Windows Phone

日本マイクロソフト コミュニケーションズパートナー統括本部 エグゼクティブプロダクトマネージャー 中島憲彦氏

──Windows Phoneはクラウド連携が強化されているということですが?

中島憲彦氏(以下敬称略) (iOS、Androidに続く)第3のスマートフォンOSとして、差別化を図るため、「クラウド端末」であることを端末コンセプトの1つに据えています。

──「クラウド端末」とは具体的にどういうことでしょう?

中島 Windows Phone端末上で扱うあらゆるデータをクラウド経由で利用すると捉えていただければと思います。たとえば、電話やメール、チャットなどなどの各種コミュニケーションの中心となる「Peopleハブ」があります。これは、アドレス帳と同等の役割ではあるのですが、そこに登録されたユーザーのデータは、Windows Live、Facebook、Twitter、LinkedInといった各サービスのクラウド上に登録されているユーザー情報を統合しています。

電話帳、各種SNSが統合された「Peopleハブ」

中島 また、ビジネスユーザーにとって馴染みのある、Officeアプリ「Word」「Excel」「PowerPoint」のモバイル版である「Office Mobile」が標準機能としてプレインストールされています。これらに関しても、各文書はクラウド上に保存しておき、それを開いたり編集したりといった操作をWindows Phone端末から行なえます。クラウド上でほかのユーザーと共同編集することも可能です。

「Excel Mobile」の編集画面文書はクラウドに保存する

──クラウドサービスといってもいくつかありますが?

中島 Windows PhoneはHotmailやSkyDriveといった当社のサービスはもちろん、Gmailなどいくつかのクラウドサービスに対応していますが、ビジネスで利用する場合、ぜひお勧めしたいクラウドサービスは「Office 365」です。Officeを月額課金で利用できるほか、オンラインサービスの「Exchange Online」、グループウェア「SharePoint Online」、そしてコミュニケーションプラットフォーム「Lync Online」などを統合して利用することができます。ユーザー規模にもよりますが、1ユーザーあたり月額600円からの利用が可能です。Office 365はクラウドサービスですが、導入企業のポリシーに適合するためにExchangeサーバーなど社内設置型のシステムも利用可能で、ユーザーの利用環境に柔軟に対応します。

「Office 365」はOfficeなどのサービスをクラウド経由で利用できるほか、データの共有なども可能

中島 Windows Phoneに搭載されている「Outlook Mobile」は、メールとカレンダー、連絡先といったPDAとして必要な機能を統合したツールです。こちらもHotmail、GmailといったWebメールに対応するほか、Exchangeサーバーに対応しているので企業メールの送受信もできます。

メール、スケジュールなどを統合する「Outlook Mobile」

中島 Webブラウザーに関しても、PC版のInternet Explorer 9と同じ技術をベースとしたブラウザーを採用しています。HTMLレンダリングなどはPC版と同じエンジンを採用し、HTML5にも対応しているほか、タッチ型のデバイス独自のピンチ操作などに対応させています。なお、企業ユーザーではまだIE6などの古いブラウザーを使用せざるを得ない状況はあると思いますが、徐々にIE9にシフトしつつあると把握しています。そのため、Windows PhoneでもIE9ベースのブラウザーを標準搭載しており、最新の技術を利用していただきたいと思っています。

パソコン版に準じたIE9。再現性は高く、レンダリング速度も高速

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン