このページの本文へ

バッファローコクヨサプライ「BSHSBD08BK」

初の「Bluetooth4.0+EDR/LE」対応アダプターの販売を確認

2011年12月13日 23時04分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Bluetoothの最新規格「Bluetooth4.0+EDR/LE」に対応する初のBluetoothアダプター「BSHSBD08BK」がバッファローコクヨサプライから発売となった。

Bluetoothの最新規格「Bluetooth4.0+EDR/LE」に対応する初のBluetoothアダプター「BSHSBD08BK」がバッファローコクヨサプライから発売

 「ボタン電池ひとつで数ヵ月から数年の駆動という低消費電力を実現」(Bluetooth SIG)というのが特徴のBluetoothの最新規格「Bluetooth4.0+EDR/LE」。発売元のバッファローコクヨサプライでは、対応デバイスとの接続時には、低消費電力モード「Low Energy feature」により、消費電力が60%OFF(Bluetooth3.0 class1との比較)になるとしている。ちなみに、GIGABYTE製X79マザーボードの上位モデルには、PCI Express(2.0) x1インターフェースのBluetooth 4.0+IEEE 802.11b/g/n Wi-Fiカードが付属している。

本体サイズは14.8(W)×19.2(D)×7.3(H)mmで取り付け後も気にならない小型モデル。身近なところではiPhone 4SがBluetooth4.0サポートの製品となる

 最新プロファイルであるProximity Profile(PXP)やFind Me Profile(FMP)をサポート。将来的にProximity Profileに対応した機器が発売されることで、機器が近くにあることを判別したり、離れると自動でセキュリティロック、近づくと自動でセキュリティロックを解除するということも可能になるという。
 本体サイズは14.8(W)×19.2(D)×7.3(H)mm。従来のBluetooth2.1、3.0とも互換性があるため、それら対応機器はそのまま使用することができる。販売しているのはパソコンハウス東映。価格は1440円となっている。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中