このページの本文へ

ユニーク「3300P」

スムーズに動く? 5GHz帯通信のワイヤレスマウスが初登場

2012年02月09日 23時41分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「世界初、電波干渉が少ない」という5GHz帯の電波周波数を使うワイヤレス3ボタンマウス「3300P」がユニークから発売となった。

「世界初、電波干渉が少ない」という5GHz帯の電波周波数を使うワイヤレスマウス「3300P」。ブラックとホワイトの2色が用意される

 販売するユニークによると「無線LANやBluetoothなど多くの機器で使用していて電波干渉が発生しやすい2.4GHzに比べ、5GHzは電波干渉が少なくより正確な操作が可能で、他の2.4GHz機器の電波を妨害しない」という。
 本体サイズは78.4×48.1×29.7mmと小型で、モバイル向けだ。光学式センサーを採用し、分解能は1000dpi。動作には単4形缶電池を1本使用し、最大6ヵ月利用できる。また、底面に収納可能なレシーバーはUSB接続の小型タイプ(18×15×7mm)となっている。
 価格はパソコンハウス東映で2760円、TWOTOP秋葉原本店で2980円。明日10日から販売がスタートする。

使用周波数帯は5175~5247MHz。その他の基本スペックはモバイル向けマウスとしては標準的なもの
動作には単4形缶電池を1本使用し、最大6ヵ月利用できる。底面に収納可能なレシーバーはUSB接続の小型タイプ(18×15×7mm)

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中