このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

快適・速さ・安心 違いがわかるセキュリティーソフト特集 2012年版 第3回

軽さと速さで対決! セキュリティーソフト2012年度版

2011年11月09日 12時00分更新

文● 小林哲雄

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Firefox 7上でのツールバー(左がトータルプロテクション2012、中央はインターネットセキュリティ2012)、およびウイルスバスター2012の動作

 ウイルスバスター2012は、サポートページを見る限り対応を開始しているはずだが、テスト機では何度アップデートしても対応バージョンにならなかった。そのためサポートページを見ると、記事掲載時点でも「Firefox 5.xのみ」の対応となっている。

 しかしテスト中に、「11月2日からFirefox 6/7に対応するアップデートを配信する」との告知があった。つまり、現時点ではすべての製品が、IE/Firefox/Google Chromeに対応しているはずだ(ただし、ウイルスバスター2012は手動アップデートを繰り返しても、11月6日の時点でもFirefox7.0.1に対応するプラグインは入手できなかった)。

 FirefoxやGoogle Chromeの「6週間ごとにバージョンアップする」高速リリースサイクルは、セキュリティーソフトの開発側から見ると、サポートが大変だ。常用するユーザーの立場で言えば、これらのウェブブラウザーのリリースに、ツールバーも足並みを揃えて使えるのが理想だ。しかし、提供する企業側にとっては、動作確認をしっかり行なってから提供したいはずだ(11月9日にはFirefox 8のリリースが予定されているので、各社また確認作業が必要となる)。

 ちなみに本稿執筆のために最後に確認した時点(11月5日)での、サポート対象ウェブブラウザーは以下のようになっていた。しかし、ユーザーがこのカタログ表記を見ても、どこまでサポートされているか判断するのは難しい。また、オンラインサポートの表記まで、購入前に確認しろというのは利用者の負担が重い。もう少しわかりやすい場所に記載してほしいものだ。

製品ページでのブラウザ対応表記一覧(11月5日確認時)
Internet Explorer Firefox Google Chrome
トータルプロテクション2012 7.0以降 3.5以降 対応(バージョン表記なし)
インターネットセキュリティ2012 6.0/7.0/8.0/9.0(32bitのみ) 3.0/3.5/3.6/4.0/5.0/6.0(32bitのみ) 9/10/11/12
ウイルスバスター2012 7.0/8.0/9.0 5.x※1 10.0/11.0

※1 記事公開時点ではFirefox 6/7にも対応の予定

2012年度版のベストセキュリティーソフトは?

 いずれも一長一短あるため、ベストを推すのはなかなか難しい。HDD消費量と起動時間を考えると、ノートン インターネットセキュリティ2012に分があるが、フル負荷のメモリー消費量(ピーク値)が大きいのは少々気になる。

 3回に渡ってさまざまな視点でチェックしてみたが、さすがに三強と言えるだけあって、とびぬけて高評価で文句なしにベストと言うのはない。逆に「これは買うだけムダ」という製品もない。

 幸い今では、各社ともほぼフル機能で利用できる体験版を提供している。体験版ユーザーだけの優待販売メールが来る場合もあるので、興味を持った製品は試してみることをお勧めする。

■Amazon.co.jpで購入

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン