このページの本文へ

エプソンからWireless HDや3D対応のホームプロジェクターが発表

2011年09月28日 20時44分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エプソンは、3LDC方式のホームシアタープロジェクター“dreamio(ドリーミオ)”シリーズの新商品として、同社初の3D対応モデル「EH-TW8000」、「EH-TW6000」と、iPhoneのドックを搭載した「MG-850HD」を発表。同日に都内にて製品発表会を開催した。

3D立体視に対応した上位モデル「EH-TW8000」
会場では、3D立体視を実際に体験できるコーナーも用意されていた
製品について説明を行なった、セイコーエプソン 業務執行役員 映像機器事業部長の久保田孝一氏

 EH-TW8000とEH-TW6000は、“Wireless HD”を標準で搭載したモデル(「EH-TW8000W」と「EH-TW6000W」)も用意。同梱されている「Wireless HD トランスミッター」をプレーヤーなどに接続することで、映像データをワイヤレスで再生可能となっている。吸気面を前面部に集中させることで、壁際への設置にも対応している。また、3D立体視に対応しているということもあり、3Dメガネが1つ付属されているのもポイントだ。

商品名 仕様 予想実売価格 発売日
EH-TW8000W コントラスト比200000:1
WirelessHD対応
32万円台後半 11月25日
EH-TW8000 コントラスト比200000:1 29万円台後半
EH-TW6000W コントラスト比40000:1
WirelessHD対応
22万円台後半 11月10日
EH-TW6000 コントラスト比200000:1 19万円台後半 10月27日
MG-850HD コントラスト比3000:1
iPhone/iPod/iPad対応
9万円台後半 11月10日

EH-TW8000W/EH-TW8000

 上位モデルとなるEH-TW8000は、2009年11月に発売された「EH-TW4500」の後継モデル。新たに3D立体視対応にしたほか、230Wの高出力「E-TORLランプ」と、480Hz駆動のD9パネルを採用。これにより、3D映像視聴時の輝度低下の原因になる3Dメガネのブラックアウトタイムを短縮しており、“クロストーク(2重像)”を抑えた3D立体視と2400ルーメンの明るさを実現しているという。従来から搭載されている超解像技術や、黒浮きの少ない漆黒表現を可能にする技術“DEEPBLACK”といった機能も引き続き搭載している。

EH-TW8000W背面端子部分
上下96%、左右47%という広い可動範囲を持つレンズシフト機能

 インターフェースは、HDMI端子×2、コンポジット端子×1、コンポーネント端子×1、D-Sub25ピン×1などを備える。本体サイズは、幅466×奥行き395×高さ140mmで、重量は約8.3kg(EH-TW8000Wは約8.5kg)。

EH-TW6000W/EH-TW6000

 EH-TW6000は、輝度が2200ルーメン、コントラスト比が40000:1の下位モデル。EH-TW80003Dと同様に3D立体視に対応している。本体には、直感的に画面の歪みを補正できる“ヨコ補正スライダー”と呼ばれるレバーを新たに搭載している。

EH-TW6000W背面端子部分
本体上部には歪みを補正できる“ヨコ補正スライダー”を備える

 インターフェースは、HDMI端子×2、コンポジット端子×1、コンポーネント端子×1、D-Sub25ピン×1、USB 2.0×1など。本体サイズは幅420mm×奥行き365mm×高さ137.3mmで、重量は約6.0kg(EH-TW6000Wは約6.2kg)。

MG-850HD

 MG-850HDは、iPhone/iPod touch/iPad用のドックを搭載しており、これらを挿すだけでiPhoneの“iPodアプリ”内の映画やミュージックビデオ、撮影した動画や写真のスライドショーを映し出せるのが特徴。インターフェースとして、HDMIやUSB端子も備えているので、iPhoneだけではなくゲーム機や動画プレーヤーに接続して利用することもできる。

MG-850HD背面にはiPhone/iPod touch/iPad用のドックを搭載する
端子部分EH-TW6000と同様に“ヨコ補正スライダー”を搭載する

 コントラスト比は3000:1で、輝度は2800ルーメン。3D機能は内蔵していない。
 本体サイズは幅340mm×奥行き291mm×高さ115mmで、重量は約3.9kg。

 同社は、3機種合計の販売目標を年間6000台と発表。そのために、全国をトレーラーを改造した移動式シアタートレーラーで回るほか、ショールームやイベントスペース、写真イベントなどでプロジェクターを体験できたり展示するコーナーを設置する「3Dプロジェクター1万人体験イベント」を実施する。

「3Dプロジェクター1万人体験イベント」
同社は、本日発表の3機種を今後1年間で売上目標6000台を目指す

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン