このページの本文へ

ソニー、電子書籍端末「Sony Reader」海外版新製品を発表

2011年09月01日 01時01分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーは8月31日(米国時間)、電子書籍端末「Sony Reader」の海外版新製品として、「PRS-T1」を発表した。発売は10月予定で、米国での市場想定価格は149.99ドル。カラーバリエーションとしてWhite/Black/Redが用意されている。

電子書籍端末「Sony Reader」の海外版新製品「PRS-T1」

 PRS-T1は、ディスプレーとして6型の電子ペーパーを採用した電子書籍端末。タッチスクリーンの機能が向上し、ページめくり、ピンチイン/アウトなどの指を使ったページ操作が行ないやすくなった。

 サイズが幅110×奥行き8.9×高さ173mmで、重量は168g。6型の電子ペーパーを搭載する端末としては世界最軽量となっている。

 内蔵メモリーは2GBで、外部メモリーとしてmicroSDを利用可能。辞書機能として、英英辞書(2種類)、5ヵ国語の翻訳辞書(10種類)を内蔵している。またネットワーク機能として、無線LANを採用した。

 販売予定国は、アイルランド、アメリカ、イギリス、イタリア、オーストリア、オーストラリア、オランダ、スイス、スウェーデン、スペイン、デンマーク、ドイツ、ニュージーランド、ノルウェー、フィンランド、フランス、ベルギー。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン