このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

この中身とサイズは女性だけに使わせておくのは勿体ない

これは小さい! 女性向けの「Xperia ray」を男視点で見た

2011年08月10日 21時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本市場を意識した薄型デザインは1cmを切る
でもバッテリーはarcやacroと同容量

 カラーバリエーションは「Pink」「White」「Gold」の3色。PinkとGoldについては、明らかに日本の女性ユーザーを意識したものだろう。グローバルモデルにはあった「Black」はドコモからはリリースされない。

BlackとWhiteというベースの2色ではなく、Pink/Goldという2色があえて用意されている

 なお、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ 営業本部長の髙垣浩一氏によると、Xperia rayはスペックが高いプレミアムモデムだけあって、海外では必ずしも“女性向け”が強調されないようだ。また欧州などでは、コンパクトサイズの端末は人気が高いことから、力を入れていきたいとのことだ。ただ、日本では縦横のサイズより薄さ、欧州では厚みより縦横のサイズが重要視されるという違いもあるという。

Pinkといえど甘めのピンクではなく、プレミアム感を意識したカラーに思える

Goldもやはりギラギラというよりはあえて抑えめのカラーになっている

 女性向けという意味では、自分撮り用にインカメラを搭載。これはXperia arc/Xperia acroにはなかった要素だ。女性向けというわけではないが、テザリングへの対応もXperia rayで新たに対応した要素だ。

 Xperia acro/Xperia arcと同じスペックという部分では、本体サイズが小さくなったにも関わらず、バッテリー容量は1500mAhと同容量をしっかり確保した点に注目したい。ここで妥協がなかったのは、すべてのユーザーにとって大きなメリットがある。メインプロセッサーも1GHz動作のSnapdragonで同様だ。

コンパクトでもバッテリー容量はしっかり目なのは、今のスマートフォンに求められている要素だろう

 ワンセグ/FeliCa/赤外線通信が搭載されておらず、いわゆる“全部入り”端末ではないので、それらの要素を求めるユーザーは購入候補から外れてしまうだろう。しかし、繰り返すようだが、このサイズと、細かなところまで作り込まれたデザインは魅力的。ガラケーとの2台持ちにも適しており、スマホ好きにとってはチェックしない手はない1台だろう。

ストラップホールはあるが、microUSB端子についてはグローバルモデルらしくむき出しだ

ホームボタンは半月状。新世代Xperiaシリーズは共通で「戻る」キーは左側にある

ファッションイベントとコラボしたオリジナルデザインのカバーも展示。純正/非純正ともオシャレなサプライ製品を多数用意するようだ

  Xperia ray SO-03C Xperia acro
SO-02C(参考)
メーカー ソニー・エリクソン
ディスプレー 3.3型液晶 4.2型液晶
画面解像度 480×854ドット
サイズ 53×111×9.4mm 63×127×11.8mm
(最厚部12.3mm)
重量 100g 135g
OS Android 2.3
カメラ画素数 810万画素CMOS「Exmor R for mobile」
バッテリ容量 1500mAh
テザリング ×
Felica ×
ワンセグ ×
赤外線 ×
防水 ×
spモード
連続待受時間 約400時間 約400時間
連続通話時間 約360分 約350分
カラバリ Pink、White、Gold Aqua、White、Black
発売時期 8月27日 発売中

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン