このページの本文へ

Android 3.2でどうなる? ファーウェイ製タブレットを体験!

2011年07月08日 12時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Android 3.2搭載のタブレットは
日本で覇権を握れるのか?

 「Pocket WiFi」シリーズなどで知られるファーウェイが、今後日本でリリース予定のタブレット「MediaPad」(関連記事)を触る機会があったので、ファーストインプレッションを写真とともにお伝えしよう。

パッケージの大きさはS7 Slimと較べると小型化しており、「持ち歩いて使うためのタブレット」を前面に押し出している

 製品版はAndroid 3.2(Honeycomb)が搭載される予定だが、今回体験させてもらった端末はAndroid 3.1だった。それ以外はほとんど製品版と同じとのこと。ただ、日本でのリリース時期に関してはまったくの未定だが、リリースする予定はあるとのことなので、首を長くして待っていよう。

こちらは「IDEOS S7 Slim」。幅108×奥行き225×高さ16mm、重さは約500g。ディスプレーが7型で解像度は800×480ドットというスペック。OSはAndroid 2.1を搭載

これが「MediaPad」。幅124×奥行き190×高さ10.5mm、重さは約390g。ディスプレーはやはり7型で解像度は1280×800ドット、視野角が広いIPS液晶を採用している

2台を並べてみると、MediaPadが一回り大きいことがよくわかる。しかし、重量は軽くなり、画面解像度は格段にアップしている

カメラはフロントとリアに装備されており、Skypeなどのテレビ電話もできる。フロントカメラが130万画素、リアカメラが500万画素。リアカメラはHD撮影が可能だ。各種カード系は端末下部に集中している

MediaPad(左)は厚さ10.5mmとかなり薄いので、バッグなどにしまいやすい。さすがにポケットには入らないが、このくらいの大きさと軽さなら、取り出しが用意だろう

HDMI出力も可能で、miniHDMI端子が標準搭載されている

スピーカーやイヤホン端子などの音周りの装備はこちらに集約されている

上が電源(スリープ)ボタン、下が音量調節ボタンだ

「戻る」や「ホーム」といったアイコンは、Honeycombタブレットらしくスッキリと枠の中に収まっていた

CPUはクアルコムのデュアルコア1.2GHzを搭載しているが、テスト機のOSはAndroid 3.1だったためか、スクロールなどに若干の引っかかりを感じた。リリースにあたっては3.2用のチューニングが施され、サクサク感がアップするという。しかし、7型で1280×800ドットの高解像度は珍しい。画面の綺麗さが圧倒的なので、外出先で映画などの映像コンテンツを見たい

フロントカメラを使って自分撮りもできるし、ビデオチャットもできるので便利だ。最近Skypeなどのビデオチャットユーザーも増えているしね

ホーム画面は基本的には横スクロールだが、このように縦スクロールにすることもできる

スマホなどではmicroUSBで充電するのが当たり前だが、MediaPadではACアダプターを使っての充電になる。microUSBでの充電には対応していないということだ

カテゴリートップへ