このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

最新ベンチマークソフト「PCMark 7」徹底解剖 第2回

PCMark 7の計測結果を読み解き、PCの実力を探れ

2011年06月23日 12時00分更新

文● 加藤勝明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PCMark 7特集第2回では、「PCMark 7」の計測結果をいかにPCチューニングに活かすか考えてみよう。なおPCMark 7の概要については、第1回を参照していただきたい。

PCMark 7のスコアは
どうやって算出されているのか?

 PCMark 7の「スコア」は、パッと見では意味を理解しにくい数値化されたものだが、幸いにも各ワークロード(テスト項目)の計測結果を、「MB/s」(MB/秒)や「fps」(フレーム/秒)といったわかりやすい単位で示している。この結果がスコア算出の起点となるため、スループットの悪いワークロードを「叩き直す」ことで、スコアは改善するはずだ。

 では無料版「Basic Edition」で利用可能な「PCMark Suite」に含まれる各ワークロードが、「実際に何をやっているか」を見ていこう。各ワークロードのシチュエーションと計測内容は、以下のとおりとなる。各項目頭の数字はPCMark 7のウインドウ上で表示される進捗状況とリンクしているが、「1-1」「1-2」という表記は、2つのテストが同時に実行されることを示している。

「Video playback and transcoding」のテスト中の様子

1-1 Video playback and transcoding / Video playback
解像度1080p(1920×1080ドット)・H.264形式の動画(ビットレート 10Mbps)を、Windows 7標準の機能でデコード・再生するときのフレームレート(単位 fps)。
1-2 Video playback and transcoding / Video transcoding - downscaling
1080p・H.264形式の動画(ビットレート 12Mbps)を、解像度320×240ドットのH.264形式へと変換する時のスループット(単位 KB/s)。
2 System storage - gaming / System storage - gaming
オンラインRPG「World of Warcraft」(WoW)を起動後、キャラクターを作成して終了。再びWoWを起動した後に作成したキャラクターを選択して、ゲームにログインしてキャラクターが動けるようになるまでの処理時のストレージのパフォーマンス(単位 MB/s)。
3 Graphics - DirectX 9 / Graphics - DirectX 9
GPUベンチマーク「3DMark 06」の「Firefly」テストを、ウインドウモードでレンダリングした際のフレームレート(単位 fps)。
4 Image manipulation / Image manipulation
Windows標準の画像処理コンポーネント(WIC)を使い、HD画質の写真に色補正や回転等の処理をする作業を想定したテスト(単位 Mpx/s、百万ピクセル/秒)。
5 System storage - importing pictures / System storage - importing pictures
USBフラッシュメモリーに格納された68枚・434MB分の画像を、「Windows Liveフォトギャラリー」にインポートして、すべてのサムネイルを作る作業を想定したもの(単位 MB/s)。
6-1)Web browsing and decrypting / Web browsing
IEコンポーネントを使った特製ウェブブラウザーを使い、1ウインドウにつき3つのタブを開き、それぞれに異なるサイトのデータを読み込みんだ際に、1秒間で何ページ分処理できるかというテスト(単位 pages/s)。読み込む内容はFuturemarkサイトからの引用だが、オフラインでも動作するようローカルデータを読み込む。
6-2 Web browsing and decrypting / Data decrypting
WindowsのCryptography API(暗号処理のAPI)を使い、あらかじめ用意された暗号化済みデータを復号して、さらにチェックサム計算を行なう処理。復号化されたデータ量を総処理時間で割ったスループット(単位 MB/s)を見る。
7 System storage - Windows Defender / System storage - Windows Defender
Windows 7標準搭載のセキュリティーソフト「Windows Defender」を使い、システムのクイックスキャンを想定したストレージ性能テスト。これもスループット(単位 MB/s)で比較する。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン