このページの本文へ

任天堂、E3でWiiの後継機「Wii U」を発表!【E3特報】

2011年06月08日 03時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アメリカ・ロサンゼルスにて6月7日~9日(現地時間)に渡って開催される、ビデオゲームの発表展示会「Electronic Entertainment Expo」(E3)。任天堂は、同社のプレスカンファレンスにおいて、「Wii」の後継機「Wii U」を発表した。2012年中に発売される予定で、価格は未定。

ついに発表された「Wii」の後継機「Wii U」

 Wii Uは、6.2型のタッチスクリーン液晶ディスプレーを搭載しており、テレビに接続しなくても単体でもゲームのプレイが可能なのが特徴。左右にアナログスティック、ABXY4つのボタン、Lボタン、Rボタン、ZLボタン、ZRボタン、+-ボタン、ホームボタン、左側に十字ボタンが搭載。また、カメラも内蔵しており、ゲームに使用することも可能となっている。さらに、ジャイロセンサーや振動機能、加速度計なども搭載している。
 Wiiとの後方互換性を有しており、従来のソフトとコントローラーとも共有してプレイできる。

 利用可能メディアとして、新ハード用の12cm高密度光ディスク、およびWii用12cm光ディスクをプレイ可能なセルフローディング式(自動的にディスクを引き込む方式)のドライブを1つ搭載。

 CPUは、IBM Powerを基にしたマルチコアプロセッサ。本体サイズは幅約172mm×奥行き268.5mm×高さ約46mm。インターフェースに、USB 2.0×4を搭載。ビデオ出力には、1080p、1080i、720p、480p、480iに対応。出力端子はHDMI、コンポーネント、D端子、S端子、コンポジットに対応している(以上のスペックは、ネット中継されたプレゼンテーション、およびニュースリリースで確認できたもの)。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ