このページの本文へ

Giada「MI-E350T」

ACアダプタ駆動でm-SATAも利用可能なFusionマザーが登場

2011年05月14日 23時47分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Fusion APU「AMD E-350」を搭載した、60W ACアダプタ駆動となるGiada製のMini-ITXマザーボード「MI-E350T」が発売となった。

「MI-E350T」
60W ACアダプタ駆動となるGiada製のFusion APU「AMD E-350」を搭載したMini-ITXマザーボード「MI-E350T」

 この製品は、パッケージ付属の60W ACアダプタで動作可能というのが特徴のFusion APU「AMD E-350」採用マザーボード。拡張スロットがMini-PCI Express ×2(内1本はハーフサイズ用)、メモリスロットがDDR3-SO DIMM×1(DDR3-1066、4GBまで)。
 オンボードインターフェイスとしてVGA機能やギガビットイーサネット、サウンド、Serial ATA×2などを搭載。I/O部の映像出力にはHDMI/D-subを備えている。

付属
パッケージ付属の60W ACアダプタ。COMポートブラケットや、専用のSlimline SATAケーブルとSATAケーブルが1本づつ付いている
SSDが利用可能
マニュアルによると、2本あるMini-PCI Expressのうちフルサイズ対応の1本は、m-SATAインターフェイスのSSDが利用可能という記述が確認できる

 なお、マニュアルによると、2本あるMini-PCI Expressのうちフルサイズ対応の1本は、m-SATAインターフェイスのSSDが利用可能という記述が確認できる。先日発売されたIntel製SSDが使えるのか気になるところだ。そのほか、冷却クーラーやI/O部を低く抑えることで、基板全体が薄型となるのも特徴だ。
 販売しているのはアークで、価格は1万3980円。

I/O部
冷却クーラーやI/O部を低く抑えることで、基板全体が薄型となる

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中