このページの本文へ

Android 3.1発表 周辺機器を多数サポートする機能追加

2011年05月11日 14時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Googleは、開発者向けカンファレンス「Google I/O」を開催。その中でAndroid OSの新バージョンとなる「Android 3.1」を発表した。

Andorid 3.1の新しいホーム画面

 Android 3.1は、タブレット向けに特化した「Android 3.0(Honeycomb)」をベースにいくつかの機能が追加されたものとなる。最大の変更点は「Open Accessory API」と名付けられた外部アクセサリー機器に関するAPIの追加である。具体的にはリモコンボタンを搭載したイヤホン、日本の携帯では比較的おなじみのエクササイズ系のツールなどが想定されている。

 他にもAndroid端末側がUSBホストモードをサポートし、オーディオやカメラといったUSBデバイスの接続を可能にしたり、マウスやジョイスティック、ゲームパッドなどの機器からの入力にも対応する。

 なお、Open Accessory APIについては、スマートフォン向けのAndroid OSである「Android 2.3.4」にもオプションとして導入可能になる。

ついにGoogleも音楽配信サービスをスタート
Androidマーケットで映画レンタルも

 Google I/Oでは、これ以外にもAndroidに関する発表が行なわれた。たとえば現在タブレット用とスマートフォン用に分かれてしまっているAndroid OSの将来については、コードネーム「Ice Cream Sandwich」と名付けられたバージョンで統合される。

 Ice Cream SandwichがAndroid 4.0になるのか、どのような機能が追加されるのかなど詳細は不明だが、“holographic user interface”や強化されたマルチタスク、新しくなったランチャー、よりリッチになったウィジェットが盛り込まれるとする。

日本のユーザーは現時点では利用できないが、ついにGoogleも音楽配信サービスに取り組む

 またクラウドベースの音楽配信サービス「Music Beta by Google」(ただしアメリカのユーザー限定)、さらにAndroidマーケットにおいてレンタルでの映画配信サービスのスタートも案内されている。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン