このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

遊びながら学ぶ、ビジネスにも役立つ最新ウェブ技術

IE9もサポートしたHTML5とは何か?

2011年05月03日 11時00分更新

文● 後藤宏

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

豊かな表現力を得たHTML5対応サイトが従来の常識を覆す!

 HTML5に対応することで、従来までとは一線を画す表現能力を得たIE9。となれば、さっそくHTML5を利用したウェブサイトを試したくなる。まずはHTML5の技術を用いて作成されたサイトのなかでも、代表的なサイトを紹介し、その世界をたっぷり堪能してもらいたい!

 まずはじめは、1980年にリリースされ一世を風靡したナムコ(現バンダイナムコ)のゲーム『パックマン』。これをブラウザ上で再現したサイトが「World's Biggest PAC-MAN」だ。世界最大という名前どおり、膨大なステージが用意されている。

タイトル画面。サムネイル状に並んでいるのは、すべて実際のステージ。クリックするとゲームが開始される

見た目も内容もパックマンそのもの。なお、それぞれのステージは、ワープゾーンで連結されている

ユーザーがステージを作成することも可能。Facebookにログインすれば、自分のプレイ記録なども参照できる

 次に紹介するのは「Pirates Love Daisies」。タワーディフェンスと呼ばれるジャンルのゲームで、遠距離を攻撃できるが攻撃間隔が長く手数の少ないユニットや近距離しか攻撃できないが攻撃間隔の短く連続で攻撃できるユニットなどを組み合わせ、海賊たちが迫りくる敵から花を守る。

海岸線側から花を狙って迫りくるネズミやヤドカリ、カモメなどを撃退。IE9のエフェクト機能を有効にしていると雲や風などが流れていく

IE9のエフェクトをオフにすると雲や風の効果がなくなる。ゲーム内容には影響がないものの、エフェクトをオンにしたほうが、より臨場感を楽しめる

 最後は、『The Shodo』。サンフランシスコで、2010年秋に開かれた発表会(IE9ベータ版)でも話題を呼んだ。今年1~2月にかけてオンライン競書大会も開催されるなど盛り上がりを見せている。

筆の使い方により、墨が薄くなったりして、書き味は本物の筆に近い。HTML5の特徴がわかりやすく表現されている

1月19日~2月28日まで開催されていたオンライン競書大会の審査結果。ビル・ゲイツ氏の似顔絵を描くなど、個性的な作品が多数応募された

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ