このページの本文へ

PROGRAMMING 古籏一浩のJavaScriptラボ第56回

HTML5版Dashboardウィジェットを作ってみた

2011年04月13日 11時00分更新

古籏一浩

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷
js-labo

 Mac OS XのDashboardは、HTML/CSSやJavaScriptをWebKitで解釈し、表示しています。WebKitはSafariやGoogle Chromeで使われているレンダリングエンジンで、HTML5への対応が進んでいるので、DashboardウィジェットでもHTML5の新機能が利用できます。

 今回のJavaScriptラボは、HTML5を使ってDashboardウィジェットを作ってみましょう。といってもいちから作るのではなく、以前の記事で作成した「HTML5 Video Player」(HTML5 Videoを使った動画プレーヤー)をベースに、Dashboardウィジェットに移植します。

HTML5でFlash不要のYouTube作ってみた
http://ascii.jp/elem/000/000/590/590829/

 HTML5 Video Playerをそのままウィジェット化する(フォルダ名に拡張子.wdgtを付ける)だけでも、再生・停止などの基本的な機能は動作しますが、スライダー部分がうまく操作できないなどの問題があります。

【図】fig01.png
「HTML5 Video Player」。スライダーなど一部の機能がDashboardでは動作しない

 そこで、HTML5 Video PlayerがDashboardでも動作するように修正しましょう。

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く