このページの本文へ

多言語による運用サポートも

IIJグローバル、キャリア非依存の新Global NOSを展開

2011年03月01日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2月28日、インターネットイニシアティブ(IIJ)の子会社であるIIJグローバルソリューションズは、海外の顧客向けに展開している「グローバルネットワークアウトソーシングソリューション(Global NOS)」を強化。3月から新しいソリューションをスタートするという。IIJグローバルは、2010年9月にAT&TジャパンよりWANサービスをはじめとした国内アウトソーシングサービス事業を譲り受けたことで、IIJが子会社として事業開始した会社。

IIJグローバルが提供するソリューションの概念図

 新たなGlobal NOSでは、従来から提携している国内の通信事業者に加え、新たにアジアやヨーロッパの海外通信事業者と新たに提携。複数の通信事業者のサービスでネットワークを冗長化し、高い信頼性を実現する「キャリアダイバシティ」を可能にする。また、セキュリティやデータセンターなどのサービスも、通信事業者に依存することなく、最適なものをワンストップで提供するという。さらに多言語に対応したヘルプデスクやサポート要員により、円滑な運用を支援する。

 提供されるソリューションは以下の6つになっている。

  • グローバルネットワークソリューション
  • マネージドセキュリティ ソリューション
  • データセンター/クラウド ソリューション
  • システムインテグレーション
  • グローバル運用アウトソーシング
  • グローバルプロジェクトマネジメント

 今後IIJグローバルでは中国をはじめとしたアジアの主要国、およびヨーロッパでの拠点設立も予定しているという。


■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ