このページの本文へ

24ポートの100BASE-TX PoE対応ポートと2ポートの1000BASE-T

プラネックス、多ポートPoEスイッチ「SWE-2224F」

2011年01月24日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 1月21日、プラネックスは、PoE(Power over Ethernet)に対応した24ポート+2コンボポート搭載するレイヤ2スイッチ「SWE-2224F」を発表。1月下旬より販売開始する。

PoE対応の24ポート+2コンボポート搭載レイヤ2スイッチ「SWE-2224F」

 SWE-2224Fは、10BASE-T/100BASE-TXのPoE対応ポート×24に加え、1000BASE-Tポートを2ポート、MiniGBIC専用拡張スロット2基を搭載するスイッチ。PoEはIEEE802.1afに対応し、1ポートあたり最大15.4W、システム全体で最大369.6Wの供給が可能。無線LANアクセスポイントやIPカメラ、IP電話機などのデバイスへの給電が行なえる。

 また、ポートミラーリング、リンクアグリゲーション、QoS(DSCP、IP Precedence)などの機能を搭載。同一ネットワーク内であれば設置場所を問わず、Webブラウザ経由による遠隔操作で一括管理もできる。

 価格(税込)は9万9800円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ