このページの本文へ

24ポートの「SWE-0224G2」、16ポートの「SWE-0216G2」など

プラネックス、ファントム給電対応のPoEスイッチ

2012年02月20日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2月17日、プラネックスコミュニケーションズはPoE対応モデルなどギガビットスイッチ3製品を2月24日に発売すると発表した。

PoE対応ギガビットスイッチ2機種。左が16ポートの「SWE-0216G2」、右が24ポートの「SWE-0224G2」だ

 PoEに対応するのは、1000BASE-Tを16ポート搭載する「SWE-0216G2」と24ポート搭載の「SWE-0224G2」の2機種。全ポートからPoE給電が可能で、信号線を給電に使う「Type A給電(ファントム給電)」を採用するため、芯線の少ない特殊なLANケーブルでもPoE給電が行なえる。

 また、両機種ともMiniGBIC専用拡張スロット×2を搭載しており、別売りのMiniGBICモジュールを増設することで、光ファイバーを用いたギガビット対応の長距離通信環境を構築できる。このため、大規模ネットワークのセンターネットワークHUBとしての利用に最適だという。ほかに、遠隔地からも操作できるWebブラウザによる管理機能、ポートミラーリング、タグVLAN/ポートベースVLAN、QoSなどの機能を搭載する。

 価格は、SWE-0216G2が6万円、SWE-0224G2が7万円となる。

 今回発表の3機種目は、1000BASE-Tを16ポート搭載する低価格モデルの「FXG-16IM3」だ。PoEやVLANなどには対応しないが、ループ検出機能を搭載し、またファンレスでありながら電源を内蔵する。

16ポート搭載のギガビットスイッチ「FXG-16IM3」

 FXG-16IM3の価格は1万8000円だ。

カテゴリートップへ

ピックアップ