このページの本文へ

WesternDigital「WD30EZRSDTL」

容量問題解決!? SATAカード付属のWD製3TB HDDが発売

2010年11月27日 23時51分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今月12日にデビューした初の容量3TBとなるWesternDigital製のSerial ATA対応3.5インチHDD「WD30EZRS」。本日、新たにSerial ATA拡張カードがバンドルされた「WD30EZRSDTL」が発売となった。

「WD30EZRSDTL」
Serial ATA拡張カードがバンドルされた容量3TBとなるWesternDigital製のSerial ATA対応3.5インチHDD「WD30EZRSDTL」

 この製品は、容量3TBのHDD本体とPCI Express x1インターフェイスのSerial ATA拡張カードがセットになったもの。WesternDigitalでは「Serial ATAドライバの影響で、全容量を認識できない場合もある」としており、そのために拡張カードがバンドルされた製品の出荷がかねてより予定されていた。HDD本体とセットのカードということで、安心して3TBをキッチリ使い切りたいというユーザーにとっては、ありがたい製品といえそうだ。
 販売しているのはT-ZONE.PC DIY SHOPで、価格は2万5800円。今ならSATA3.0完全対応をうたうSerial ATAケーブルが1本付属する。

付属のカード 付属のカードはHighPoint製のPCI Express x1対応モデル。コントローラーにはMARVELL「88SE9125」を採用するSATA 6Gb/s対応の製品だ

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中