このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

新作ゲームが一同に集結! TGS2010メーカーブースレポ

2010年09月17日 21時00分更新

文● 小野坂怜

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニー・コンピューターエンタテイメントジャパン

ナンバリングの更新が待ち遠しいレーシングゲーム「グランツーリスモ」も、ついに最新作である“5”が11月に発売! 3Dメガネを装着してプレイする3D版と、従来の2D版の2種類が用意されており、近年の3D人気も手伝ってか前者には多くのユーザーが詰め掛けた。また、海外でも人気のシリーズということもあり、海外ユーザーも多かった

同日無料での配信が始まったフォトビューアー「PlayMemories」。3D写真を立体視できるアプリケーションで、同社が発売する「CyberShot」を活用することで効果を発揮する。また、PS3のコントローラーに内蔵された加速度センサーを利用することにより、コントローラーを左右に振るだけで、マルチアングルを楽しめる。そのほか、2Dのパノラマ写真でも臨場感あふれる閲覧が可能だ

コナミ

筆者がブースに到着したときに、ちょうどブース内舞台では「メタルギア」シリーズの小島秀夫監督が登壇しており、「メタルギア ソリッド ピースウォーカー」の地方予選の勝者を紹介していた

ある意味今回の目玉とも言えるタイトルが「DANCE EVOLUTION」だ。Xbox 360用に開発された「Kinect」(Project Natal)を用いて、身振り手振りでダンスを踊るゲームだ。コナミブースだけでなく、もちろんマイクロソフトブースでも本タイトルは紹介されており、コンパニオンさんたちが仕事そっちのけで踊っているのが印象的だった

7月に秋葉原でロケテストを実施したのが記憶に新しい「ラブプラス アーケード」も大人気。200番まであった整理券は瞬く間になくなってしまった

そして、同日情報解禁となったのが「ラブプラス MEDAL Happy Daily Life」というラブプラスを題材にしたメダルゲームだ。彼女を直接触ってコミュニケーションが取れる「3Dコミュニケーション」や同社の「GRAND CROSS」を利用した「リアルデート」など、ラブプラスユーザーには期待で胸が爆発しそうな機能を搭載。また、ゲーム内容には今まであまり語られなかったサブキャラクターを絡めたイベントも用意されているとのこと。稼動は今冬予定

また、ラブプラス内で登場するファミレス「デキシーズ」が現実世界にも登場。残念ながら、パブリックデーのみの運営だったので、まだ見ぬお客を待つ店内をパシャリ

SEGA

シュミレーションRPGの新基軸を打ち出した「戦場のヴァルキュリア」も3が発売される。主要キャラクターのひとり、リエラ・マルセリスのコスプレをしたコンパニオンさんも一緒に戦ヴァルの雰囲気を作っていた

先日2期本編の最終回を迎えた「けいおん!!」も、ついに同名のゲームを発売する。その名も「けいおん!放課後ライブ!!」だ。アニメの人気をそのままに、小さいブースながら通行人が気になるほどの行列を作った。また、列の前に置かれたモニターには、放課後ティータイムのメンバーがゲームをプレイした感想を語るPVが流されていた

SEGAが誇るアクションゲーム「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」シリーズの最新作「ソニック カラーズ」がDSとWiiで発売される。「カラーパワー」という新システムがウリで、11月発売予定だ

昨年末よりアーケードで稼働中の格闘ゲーム「アルカナハート3」がPS3とXbox 360でリリース。次世代機への移植により画面比を16:9に、またオンライン対戦にも対応するなど、発売が予定されている1月が楽しみなタイトルだ

ディースリー・パブリッシャー

昨年8月に発売され、さまざまな話題を呼んだ「ドリームクラブ」がPSP版にリメイクされ、「ドリームクラブ Portable」として10月に帰ってくる。毎日、受付嬢が語りかけてくれる「ドリーム☆クロック機能」が新たに搭載されるほか、追加コンテンツも配信予定となっている

そして、前作の続編となる「ドリームクラブZERO」も今冬に発売。前作の半年前を描いたストーリーで、新キャラクターは3人追加される。まだ上記以外は公開されておらず、新たな情報が待ち遠しいタイトルでもある

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ