このページの本文へ

iPhone、Androidに続いてiPadに対応

ブイキューブ、「V-CUBE ミーティング」用iPad対応アプリ

2010年08月31日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 8月30日、ブイキューブは、Webベースのテレビ会議システム「V-CUBE ミーティング」にiPadを連携させるアプリケーションを発表した。

iPadでホワイトボード上の資料を閲覧できる会議中の共有画面(iPad Plusの契約が必要)

 V-CUBE ミーティングは、従来までの「nice to meet you」を、今年5月に名称変更したWeb会議システム。今回、iPad対応アプリから「V-CUBE ミーティング」のWeb会議に参加できるサービスをオプション機能として、iPhone、Androidに続いて提供する。

 アプリでは、会議資料を各自のiPadで閲覧することで、会議のペーパーレスを実現する。また、それぞれのiPadで自由に資料のズームや縮小可能。同社では、目標として今後1年間で導入社数500社を見込んでいる。

 価格は、iPad対応アプリがApp Storeから無料でダウンロード可能。ただし、「V-CUBE ミーティング」の初期設定費用・月額基本料のほか、1部屋当たり5端末まで利用できる「iPad Basic」が月額5250円、映像の受信もできる「iPad Plus」が月額1万500円が別途必要となる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ