このページの本文へ

Windows 7環境でのパフォーマンスアップ

パンダセキュリティ、2011年版のセキュリティ対策ソフト発売

2010年07月29日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 7月26日、スペインのパンダセキュリティの日本法人であるPS Japanは、コンシューマー市場向けセキュリティ対策ソフトの2011年版を発表。同日より販売開始した。

コンシューマー市場向けの2011年版新製品(国内でのパッケージ販売は予定されていない)

 発表されたのは「Panda Antivirus Pro 2011」「Panda Internet Security 2011」「Panda Global Protection 2011」「Panda Internet Security for Netbooks」の4製品。

「Panda Antivirus Pro 2011」
12ヵ月版1PC用 4095円から
12ヵ月版3PC用 5095円から
安全にWebサイトを閲覧できるPanda Safe Browser(サンドボックス機能)などを新たに搭載したアンチウイルスソフト
「Panda Internet Security 2011」
12ヵ月版1PC用 6095円から
12ヵ月版3PC用 8195円から
「Panda Antivirus Pro 2011」の機能に加えアンチスパム保護やリモートPCアクセスなどの機能を搭載するセキュリティ対策ソフト
「Panda Global Protection 2011」
12ヵ月版1PC用 7195円から
12ヵ月版3PC用 9195円から
「Panda Internet Security 2011」の機能に加えファイルの暗号化やファイルを永久に削除するファイルシュレッダなどの機能を搭載するトータルセキュリティ対策ソフト
「Panda Internet Security for Netbooks」
12ヵ月版1PC用 5095円から
「Panda Internet Security 2011」の機能に加えアンチスパム保護やペアレンタルコントロールなどの機能を搭載するネットブック向けセキュリティ対策ソフト

 主な特徴は、Windows 7環境でのパフォーマンスを旧製品に比べ50%改善したほか、ホームネットワークマネージメントやインテリジェントアップデート、ゲーム/マルチメディアモード、ファイル暗号化、バーチャルキーボード、サンドボックスブラウジングなどの機能を新たに追加している。

 対応OSは、Windows 7とWindows Vistaの32/64ビット版、Windows XPの32ビット版。なお、国内での販売はオンラインストアでのダウンロード販売のみ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ