このページの本文へ

悪意あるWebサイトをブロックするURL及びWebフィルタリング機能を搭載

パンダセキュリティ、Panda Cloud Antivirusの新版

2010年11月01日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月29日、スペインのパンダセキュリティの日本法人であるPS Japanは、コンシューマー市場向けセキュリティ対策ソフト「Panda Cloud Antivirus バージョン1.3」を発表。同日より販売開始した。

コンシューマー市場向けセキュリティ対策ソフト「Panda Cloud Antivirus バージョン1.3」を発表

 新バージョンは、疑わしいサイトや悪意あるWebサイトがユーザーの脆弱性を利用したり被害を与えたりする前にブロックする、URL及びWebフィルタリング機能を搭載した。

 ラインナップは無料版と有料版「プロエディション」の2種類。プロエディションの特徴は、新しいバージョンがリリースされるたびにユーザーの操作を必要とせず自動的アップグレードする機能のほか、ふるまい分析を使用した先進のマルウェア対策保護、自動USBウイルス対策、24時間年中無休の技術サポートが含まれており、広告も表示されない。

 対応OSはWinodws XP/Vista/7。有料版の価格は2995円となっている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ