このページの本文へ

これで作れる! Androidのアプリケーション 第1回

Androidアプリの開発環境であるEclipseの使い方を知る

2010年07月01日 12時00分更新

文● 塩田紳二

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Elicpseのエディターの基本的な使い方

Activityのところにマウスカーソルを合わせると、その定義をポップアップで表示する

開かれるのは、Andorid Developersのリファレンスページ。ここにはさらに詳しい情報がある。ただし現時点ではすべて英語。

 Eclipseに触るのは初めてという方もいるかと思いますので、ここでは簡単にエディターの説明をしておきます。ソフトウェア開発ではエディターを使っている時間が一番長くなります。いろいろと便利な機能があるので、それを使うようにしたほうが効率が上がります。また後述するようにコード補完は、Eclipseがある程度理解して補完するため、正しく補完できないときには、それ以前に何か間違いが潜んでいる可能性が小さくありません。

 エディターでは、Windowsの他のエディタ同様、普通にソースコードを修正していくことができます。ですがソフトウェア開発に便利な機能が搭載されています。たとえばActivityのクラス定義にある「Activity」という単語の上にカーソルを持っていくとActivityの定義が表示されます(写真#%popup%#)。このポップアップの上にマウスカーソルを動かすと単独のウィンドウとなります。このウィンドウの下にあるアイコンの1番右にあるものをクリックすると、こんどは、ActivityのAPIリファレンスページがウェブブラウザで表示されます(写真#%ref%#)。


Activityクラスに定義されているメソッドを追加するなら、右クリックメニューの[ソース][メソッドのオーバーライド/実装]を選ぶ

ダイアログにActiviyで定義されているメソッドの一覧が出る。必要なもののチェックボックスをオンにし、挿入場所を指定してOKボタンを押す

 このエディターは、Javaのプログラム構造をある程度理解しています。プロジェクト新規作成では、「onCreate」というメソッドが自動的に定義されますが、Activityクラスには、このほかにもいくつかイベントに対応するメソッドがあります。これらのひな形を自動的に挿入させることも可能です。クラス内の適当なところで、右クリックしてメニューから「ソース」を選び、サブメニューで「メソッドのオーバーライド/実装」を選びます。  表示されるダイアログには、Activityが持つメソッドがリストに表示されます。必要なものにチェックを入れて、挿入場所を指定してOKボタンを押します。ここでは、以下のメソッドを選択してみました。

onDestory()
onPause()
onRestart()
onResume()
onStart()
onStop()

 合計6つのメソッドが挿入されました。

選択したメソッドのひな形が挿入される。これは、最低限の記述で、中身はユーザーが記述する

 よく見るとエディタの右側に青い線が、左側にはチェックマークのようなものが付いています。エディタの右側は、エラーや注意すべき点などを表すもので、スクロールバーの位置に対応しています。チェックマークは、ソースコード中の“// TODO”と対応していて、自動で挿入したコードに対して、ユーザーがその中身を記述するを忘れないように「タスク」として記録しているのです。このチェックマークをクリックすると「タスク・タグを除去します」という作業が表示されます。このように左側の小さなアイコンは、エラーやタスクなど、ユーザーが何かの操作を行なうべきことを示しています。

右側にチェックマークがあるのは、ソースコード中の「// TODO」に対応し、ここにユーザーがコードを記述すべきという「タスク」を意味する。コードを記述したあと、チェックアイコンをクリックすると、「// TODO」を消去するタスクのリストが表示される

 たとえば、onPauseの中にある行の最後のセミコロンを削除してみましょう。するとエラーになります。エラーがあると、赤い線が表示されるので、スクロールバーをこのあたりに動かしてくれば、エラーがわかるようになっています。

行末のセミコロンを削除すると、その行がエラーになり、右側に赤い線、左側に赤地に白の×印が表示される

 今度は、エディターの右側に赤い×印が表示されています。マウスカーソルを合わせるとエラーの内容が表示されます。

×印をクリックすると、エラーの内容が表示される

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン