このページの本文へ

Internet Explorer上にツールバーとして表示

ベリサイン、ツールバー型ワンタイムパスワード生成ツール

2010年06月02日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 6月1日、日本ベリサインは、国内初となるInternet Explorer(以下、IE)向けツールバー型ワンタイムパスワード生成ツール「VIP Access Toolbar」およびソフトウェア開発キット(以下、SDK)の無償提供を開始した。

Internet Explorer向けツールバー型ワンタイムパスワード生成ツール「VIP Access Toolbar」

 VIP Access Toolbarは、クラウド型ワンタイムパスワード認証サービスであるベリサインアイデンティティプロテクション(以下、VIP)オーセンティケーションサービスで利用できるツール。IE(6.0以降)上にツールバーとして表示され、ログインに必要な使い捨てのワンタイムパスワードを生成する。ワンタイムパスワードは30秒ごとに新しく生成される6桁の数列で、IDのなりすましにより不正使用される可能性を大幅に低くできる。従来、ワンタイムパスワード生成は、ハードウェア型のトークンが主流だったが、トークンの所持や紛失対策などが不便であった。

 VIP Access Toolbarは、他のハードウェアやソフトウェアのトークンを所持することなく、インターネットに接続するPC上で簡単にワンタイムパスワードを利用できるのが利点となる。さらに、ツールバー上にあるオートフィル機能を利用すれば、ブラウザー上に表示されているワンタイムパスワードの入力欄にワンクリックで入力できる(デフォルトで無効にする設定も可能)。

 今回提供を開始するVIP Access Toolbarは英語版だが、8月に日本語版をリリース予定となっている。利用料金は無償。また、サービス提供者は、同じく無償で提供されるSDKを利用すれば、ワンタイムパスワードを統合した独自のアプリケーションを開発できる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ