このページの本文へ

マイクロソフトの統合開発環境が新世代へ誘う

新しい開発環境へ!Visual Studio 2010日本語版登場

2010年04月14日 08時00分更新

文● 渡邉利和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフトは4月13日、統合ソフトウェア開発環境であるMicrosoft Visual Studio 2010の正式発表を行なった。日本では4月20日から順次提供され、パッケージ版は6月18日に発売される。

VS 2010の登場で新世代にそろい踏み

 4月13日、マイクロソフトは都内の六本木でラウンチイベントとして“Visual Studio 2010 Ready Day”と題して9本のセッションで構成された開発者向けのイベントを開催したほか、全世界で同日にラウンチイベントを行なった。ただし、「世界同時ラウンチ」となったのはあくまでも英語版であり、日本語版の提供は4月20日から順次開始される予定。

 今回はアプリケーション開発環境であるVisual Studioに加えて、アプリケーション実行環境である「.Net Framework 4」、Webアプリケーション実行環境となる「Silverlight 4」もそれぞれ新バージョンが正式リリースとなり、アプリケーションの開発/実行いずれの環境も足並みを揃えて一斉に新世代に移行した形になった。

米マイクロソフトのVisual Studio プロダクトマーケティング ディレクターのマット・カーター氏

 Visual Studio 2010の特徴として挙げられたのは「創造力の最大化」「統合による最適化」「確かな品質」の3点だ。創造力の最大化は、開発者の生産性向上と言い換えてもよいだろう。説明を行なった米マイクロソフトのVisual Studio プロダクトマーケティング ディレクターのマット・カーター氏は「開発者は、思いついたよいアイデアを、より簡単で生産的なやり方で実現したいと望んでいるのだから、Visual Studioでそれを支援するのだ」という。

Visual Studioの実現するアプリケーションのライフサイクル

 統合による最適化は、いわゆるスイート戦略だ。単機能のバラバラのツールをユーザーが組み合わせて利用する方法だと、ユーザーに負担が掛かってしまう。「開発者は、開発プラットフォームとしてWindows環境を選択した時点で、環境やツールの価格や自分自身の学習に費やす時間や手間など、大きな投資を行なっているのだから、Microsoftにはそうした投資を無駄にしない責任を負っている。一度開発者が習熟した環境や技術で、さまざまなターゲットに向けたソフトウェアの開発ができるように対応範囲を拡大していく」(カーター氏)のだという。

 確かな品質とは、Visual Studio自身のコードの品質と、Visual Studioで開発するアプリケーションのコード品質の両方の意味を含んでいるようだ。デバッグの効率化やテストの自動化など、品質管理に関連する機能がさまざま盛り込まれている他、テストに特化したエディションとして「Visual Studio Test Professional 2010」や「Visual Studio Load Test Virtual User Pack」が用意されている。

Visual Studio 2010の製品構成Visual Studio 2010製品構成と価格体系

日本贔屓はプロの開発者が多いこと

 今回のVisual Studio 2010のリリースは全世界同日に行なわれたが、カーター氏は特に日本市場は重要視しているという。それは、自身がリリース日に日本にいることからも伺える。同氏は日本市場を重視する理由として「日本に数多くのプロフェッショナル開発者が存在」することを指摘し、「多彩なアイデアが生まれてくると同時に品質にも厳しい日本からのフィードバックに期待している」と語った。

 日本重視の姿勢は発表日だけの付け焼き刃ではなく、日本語版のためのローカライズ作業が他言語よりも優先されてきたという。また、日本語版はβ1から提供されており、日本語版は他言語版よりも早くリリースされている。

Visual Studioの製品リリーススケジュール

 日本語版のリリースは、英語版のリリースから10日以内とされている。実際に、4月13日に英語版がリリースされ、日本版のリリースは一週間後の4月20日が予定になる。これらはいずれも、MSDN Subscription会員向けのダウンロード提供となる。その後、5月1日から企業向けのボリュームライセンス提供が、6月18日にパッケージ製品が提供開始される予定だ。

Visual Studioの価格 ※ボリュームライセンスは、ソフトウェア アシュアランスではなくライセンスのみの価格を示した ※Team Foundation Server以外のエディションの更新パッケージは、無償のExpress Editionも対象となる

 なお、無償版となる「Visual Studio 2010 Express日本語版」のWebダウンロード提供は4月27日から行なわれる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ