このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

J-WAVEの人気DJが実践する、UST番組の作り方!

2010年04月15日 12時00分更新

文● 小口覺

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

番組そのもののマネタイズは考えていない

―― 「さったろ」は将来的にビジネスとして考えてます? もしマネタイズの目論見があれば教えてください。

サッシャ いやー、マネタイズを考えてたら始めてないですよ。手弁当なので、出費するばっかりで。経費ぐらいは何とかなればいいなとは思ってますけど。

TARO 二人ともガジェット好きだから、テクニカルな方へ行くわけですよ。Bluetoothのカメラを買ったり。サッシャもUstream配信のためにMacを買ったし。

サッシャ (MacBookをかかえて)この分を取り戻したい!(笑)

視聴者の参加人数とコメントの割合をパーセントにすると、USTの人気番組「Dommune」と並んだ

TARO 細かいところでいろいろ使ってはいます。ただ、今は感覚として得るものの価値の方が大きいと思ってます。世の中、タダで当たり前のサービスが多くなってますから、Ustreamをやることによって直接お金を生もうとは、あまり考えたことないですね。

 ただ、オンラインとオフラインがあると思うんですよ。Ustreamの配信がオンラインだとすると、ライブはオフライン。そういうところで僕たちはマイクを持ったりイベントを企画することができると思います。ラジオをやる前は、展示会のマイクを持つ仕事を結構やってたんです。家電見本市だったり、アクティブスポーツ関係だったり。

 絵で見ると面白い展示会って、実はいっぱいあるんですよ。で、展示会スペースにぼくたち二人で機材を持って行って、電話ボックスふたつ分くらいのブースを構えさせてもらってイベントの様子を(USTで)配信できたらいいですね。

サッシャ イベント自体にMCは必要だし、イベントをUstreamで配信してみたいけど経験がない、という方がいれば僕らが一括して受けますよと。

TARO 「さったろUST配信事業部」!

サッシャ 他の部はないけどね(笑)。

TARO イベントという場があって、多くの人に見てもらえれば広告になり得ると思うし。ただUSTの中に広告を募ってどうとかってもんじゃなくて、もうちょっと外の、オフラインに近いところでできることがあると思います。

サッシャ 可能性としてまだ気づいていないこともあると思うんですよね。逆にマネタイズが前提じゃないけど、お互いが喜べることだったらウェルカムだし。

―― 近々行なわれるという、イベントのUST中継も計画しているとか?

TARO おおっとー。そう、実は4月後半に発売されると思われる「iPad」、発売前夜からアプリの紹介や、アップルストアに並んでいる様子の中継など、iPadを買おうか迷っている人を思い切りくすぐってしまう放送をしようかと考えています。

※ 4月6日取材時はまだ発売日が確定していなかった。iPadの国内発売は5月末の予定。

サッシャ iPadの販促放送ではないですよ!(笑) あくまでもお祭りの紹介です。

TARO iPadが売れたところで僕らには一銭も入ってこないですよ。ただ、マネタイズはゼロでも、他の人にはマネ出来ない放送を考えてますからね。



著者紹介――小口覺

 ネット、ガジェット、知的生産術から仏教までが守備範囲のライター。黎明期のぐだぐだ感が大好きで、初めてのモノ、コトに興味がある。12年前の著書『パソコン通信開拓者伝説』は無料公開準備中。TwitterIDは「@oguyan」。

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン