このページの本文へ

PricacyとProtectionの2本柱で展開

Proofpoint ENTERPRISEが4月から日本でもスタート

2010年03月03日 06時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月2日、プルーフポイントはクラウド型メールセキュリティサービス「Proofpoint ENTERPRISE」の国内投入を発表した。本サービスは同社の電子メールセキュリティソリューション「Proofpoint 6」をSaaSとして展開したモノで、運用管理の省力化やコスト削減、導入のしやすさなどのメリットを持つ。

両サービスの概念

 ウイルス、マルウェア、スパムメールなどを防ぐインバウンド型の「Protection Suite」と、誤送信対策や暗号化などで情報漏えいを防ぐ「Privacy Suite」の2つのサービスが用意されている。価格はインバウンド型のProtection Suiteが年額2670円/1ユーザー、Privacy Suiteは年額3930円/1ユーザーとなっている。国内でのサービス開始は4月を予定している。

米プルーフポイント ワールドサイトセールス・VPのディーン・ヒックマン-スミス氏

 米プルーフポイント ワールドサイトセールス・VPのディーン・ヒックマン-スミス氏によると、米国ではすでに60%がクラウド型サービスの収入になっているとのこと。とはいえ、オンプレミスとSaaSの連携も大きな売りとなっており、「ユーザー側にアプライアンスを設置し、SaaSと連携することで、我々でも読めないよう二重に暗号化をかけるなどユニークな機能も持っている」とのこと。

 ヒックマン-スミス氏は「クラウドに移行すれば、管理も容易になる。容量やインバウンドの問題も解消できるし、フェースセーフで確実に届けられる。ポリシーもクリーンになる。管理者は他のクリエイティブな作業に集中できる」とそのメリットを語った。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ