このページの本文へ

ASUSTeK「EAH5770 CuCore/2DI/1GD5」

銅を164.4g埋め込んだクーラーを搭載する「Radeon HD 5770」

2010年01月29日 23時45分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSTeKから同社オリジナルファンを採用する「Radeon HD 5770」搭載ビデオカード「EAH5770 CuCore/2DI/1GD5」が発売となった。

「EAH5770 CuCore/2DI/1GD5」
ASUSTeKから同社オリジナルファンを採用する「Radeon HD 5770」搭載ビデオカード「EAH5770 CuCore/2DI/1GD5」が発売
クーラー
GPU接触面に当たる部分に5.8oz(164.4g)の銅ロッド(円柱)を埋め込む事でアルミ製放熱フィンへの素早い熱移動を支援するという同社オリジナルの搭載クーラー

 「EAH5770 CuCore/2DI/1GD5」は「Radeon HD 5770」搭載のモデル。特徴は、同社オリジナルの搭載クーラーで、GPU接触面に当たる部分に5.8oz(164.4g)の銅ロッド(円柱)を埋め込む事でアルミ製放熱フィンへの素早い熱移動を支援。リファレンスモデル搭載のクーラーと比較し、最大で11%の温度低下を実現するという。
 また「Voltage Tweak機能」に対応し、GPUの動作電圧変更が可能。付属されるオーバークロック兼ハードウェアモニタリングソフトウェア「SmartDoctor」で、動作中の各種ハードウェア状態を視認する事も可能だ。
 その他、コア/メモリクロックは定格仕様となる850MHz/1200MHz。搭載メモリはGDDR5 1GB、インターフェイスがVGA/HDMI/DVIという構成でATI Eyefinity Technologyは非サポート。付属品にHDMI-DVI変換コネクタと4pin(x2)→6pin電源変換ケーブル、CrossFire用コネクタが付く。価格はアークとドスパラ本店、T-ZONE.PC DIY SHOP、TSUKUMO eX.で1万9980円となっている。

I/O部
インターフェイスがVGA/HDMI/DVIという構成でATI Eyefinity Technologyは非サポートとなる

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中