このページの本文へ

msi「R5770 Hawk」

msiからTwin Frozr II搭載のOC版Radeon HD 5770

2010年02月16日 21時10分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 msiオリジナルクーラー「Twin Frozr II」を搭載する「Radeon HD 5770」搭載ビデオカード「R5770 Hawk」が登場した。

「R5770 Hawk」
msiオリジナルクーラー「Twin Frozr II」を搭載する「Radeon HD 5770」搭載ビデオカード「R5770 Hawk」が登場。明日から発売となる

 同カードは7+1フェーズPWM仕様の「Radeon HD 5770」オーバークロックモデル。msiでは固体チョークコイル(Solid State Choke)、オールアルミ固体電解コンデンサ、Hi-C CAPコンデンサを搭載するなど高温度環境下での安定性を20%ほど向上するとしている。

Hi-C CAP
基板裏面にはメモリチップに囲まれるようにHi-C CAPコンデンサを搭載する。高温度環境下での安定性を20%ほど向上するという
「V-Chech Point」
テスターで電圧測定が可能な「V-Chech Point」も搭載。GPU/メモリ電圧を付属の専用ケーブルを使用することで測定することができる

 搭載クーラーは2スロット仕様で、第二世代の「Twin Frozr II」を搭載。デュアルファンモデルで、いずれもファン口径は80mm。ヒートシンクには8mm径で5本のヒートパイプを備え、素早い熱移動と冷却を実現する。コア/メモリクロックは定格動作の850MHz/4800MHzから875MHz/メモリ4800MHzにオーバークロック。搭載メモリはGDDR5 1GB、ブラケット部はDisplayPort/DVI/HDMIという構成。
 なお、同社のハイエンドマザーにも採用されるテスターで電圧測定が可能な「V-Chech Point」も搭載。GPU/メモリ電圧を付属の専用ケーブルを使用することで測定することができるという。発売は明日からで予価はT-ZONE.PC DIY SHOPで2万980円、アークで2万1800円となっているほか、ソフマップリユース総合館にも入荷予定だ。

POP
ブラケット部はDisplayPort/DVI/HDMIという構成。またコア/メモリクロックは定格動作の850MHz/4800MHzから875MHz/メモリ4800MHzにオーバークロックされている

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中