このページの本文へ

【恒例の新春特別企画】

アキバで福袋をできるだけ買い込んでみた2010新春【家電・パーツ編】

2010年01月03日 23時00分更新

文● 美和、北村、太田/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

クレバリー 「不幸箱 in 2010 “不況箱”」(2000円)

 例年は2日からの営業だったが、今年から元旦営業を始めたクレバリー1号店。今年こそ福袋を販売するかと思いきや、店頭に並んだのは毎年恒例の不幸箱。しかも名前が不幸箱から「不況箱」に変わっていた。200個限定販売ということで、開店前からベルサール秋葉原まで行列ができていた。

販売していたのは福袋ではなく不況箱。“少ない人数で背負うにはあまりにも辛い不幸のため”という理由でお1人様1個限りとなっていた
箱のサイズからして、なんだかいっぱい入っていそうでお徳感が漂うワクワクしながら開封。福袋はこの瞬間が一番楽しい
いざご対面~! って、あれ?なんじゃこりゃ~スカスカじゃないか!
箱の大きさと中身の量にギャップがありすぎる。ていうか家電量販店のワゴンセール詰め合わせですかこれ?
冬のソナタ日本語字幕版を全話収録したmicroSDカード(2GB)。ただし冬ソナはソフトバンクの携帯電話でしか視聴できないソフトバンクのおすすめコンテンツを収録したmicroSDカード(1GB)。もちろんコンテンツはソフトバンク携帯専用だ
「ファミリー麻雀教室」。本格麻雀ゲームじゃなくて初心者向けの麻雀学習ソフト。貼られたままの値札はなぜかケーズデンキのもの。しかも左下には購入済みを表すシールが貼られている。いちおう未開封だが……パズルゲームの「ナンバープレイス」。ペンタブレットやマウスで数字を描いて入力できるという手書き感覚がウリ。なぜかジョーシンデンキの値札が貼られている
「男の学力自慢」国語と社会の2本パック。“男の”となっているが“おやじの活力”とも書いてあるのが悲しい。値札はヤマダデンキ「男の学力自慢」国語の単品。まさかこんなところでソフトがダブるとは……トホホ
「機動戦士Zガンダム バトルタイピングゲーム」。一世を風靡したタイピングソフトのZガンダム版だ。値札はヨドバシカメラのもの。ここまでくるともう笑うしかないAMDのモバイル向けCPU「Sempron 2800+」。低消費電力なのはいいが、いかんせん古すぎて対応マザーボードを探す方が至難の業

(次ページへ続く)

東京ゲームショウ2019大特集!

  • 週アス TGS2019 特別版を公開中!

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ