このページの本文へ

タッチパネルへの特化、アプリストアでiPhoneを追撃

Windows Mobile 6.5説明会開催 やっと登場のアプリストア

2009年11月12日 22時41分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 すでに11月10日のソフトバンクモバイル、NTTドコモの発表会などで「Windows Mobile 6.5」搭載のスマートフォン製品が発表されているが、改めてマイクロソフトから同OSについて説明会が開催された。

新スタートメニュー

Windows Mobile 6.5で新しくなったToday画面。ようやく指で操作しても問題のないインターフェイスが標準で用意された

 なお今回の説明会では「Windows phone」という言葉がしばしば使われていた。これはWindows Mobileを搭載したスマートフォン全般を指すプラットフォーム名として、Windows Mobile 6.5のリリースに合わせてプロモーションに用いられている。

Windows Mobile 6.5の新機能は
タッチ、IE、クラウド連携、そしてアプリストア

 まず壇上に立ったマイクロソフト代表執行役副社長 コンシューマー&オンライン事業部担当の堂山昌司氏は、マイクロソフトのビジョンは「3スクリーン+クラウドサービス」であるとした。この3つのスクリーンとは、PC、テレビ、ケータイを指している。この3つの画面をクラウドのサービスで相互に結ぶわけだが、このうちケータイでのキーとなるのがWindows Mobileということになる。

3スクリーン

マイクロソフトのビジョンは「3スクリーン+クラウドサービス」。Windows Mobileの役割はさらに重くなっている

 Windows Mobile 6.5の内容については、マイクロソフト モバイルコミュニケーション本部の越川慎司氏から説明がなされた。新機能は大まかに4点。

 まずはユーザーインターフェイス。従来はスタイラスペンで画面を叩く使い方が一般的だったが、片手で操作する日本のユーザーには受け入れにくかったのが事実である。そこでWindows Mobile 6.5ではタッチパネルに最適化することで、操作性を大幅に改善している。

 2点目は「Internet Explorer Mobile」。越川氏によると、スマートフォン購入者の約6割がPCサイトを見たいと考えているという。PCサイトの再現性を重視したのがIE Mobileとなる。

 3点目は「Microsoft MyPhone」。Windows phoneに含まれる、電話帳、メール、写真などのデータをオンライン上のサーバにバックアップが取れるというもの。Windows phoneのユーザーであれば、誰でも200MBのスペースが無償で提供される。また写真については他のユーザーと共有するほか、FacebookといったWindows Liveサービスの外のソーシャルサービスとの連携も可能である。

MyPhoneはただのバックアップというだけでなく、他のユーザーとの画像共有のサービスなども利用できる

 そして最後は注目の「Windows Marketplace for Mobile」。iPhoneの躍進にとって、App Storeとそこから入手できる10万本を超えるソフトが重要な要素だったことは周知の事実。マイクロソフトもようやく同種のアプリケーション配信サービスを始めることになった。

アプリストア機能がついにWindows Mobileにも用意された。開発側がアプリを登録するには、年間99ドルの費用が必要。ただし個人などでも可能

 実際にアプリを購入する場合は、キャリアが用意する課金システムではなく、Windows Liveに登録したクレジットカードを用いることになる。ただ、Windows phoneの場合はiPhoneと異なり、多様なスペックの機器があるため、アプリの対応状況が問題となる。

 そこでWindows Marketplace for Mobileでは、OSのバージョンなどを自動判別し、実際に利用できるアプリケーションだけを表示してくれるとのこと。それでも不具合が発生した場合は24時間以内であれば返金が可能なシステムになっている。ソフトウェアの検索、ユーザーレビューなどの機能ももちろん備えている。

 このWindows Marketplace for Mobileのスタートに合わせて、カプコン、コナミ、ハドソン、ジー・モードなどからのアプリ提供も発表されている。

DDR

会場では実際に動作する多数のゲームソフトが展示されていた。写真はコナミデジタルエンタテインメントの「DanceDanceRevolution S」。矢印に合わせて画面をタップする

バイオハザード

カプコンは映画版「バイオハザード」をゲーム化したモノを展示。画面上のスティックをタッチパネルをこするようにして操作する

 最後に堂山氏はそもそもWindows Mobile 6.5が重要なのではなく、その上で動作するコンテンツの楽しさが重要であると語った。創造のサイクルを壊さないようにセキュアなプラットフォームを構築しつつ、Windows phoneでなければ体験できないエクスペリエンスを作っていきたいと発表会を締めた。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン